2度目の人生、成功は約束されていたはずが高嶺の花のせいで最初から予定が狂ってしまった

作者 午前の緑茶