君が触れてくれるなら【本編完結・番外編更新中】

立川マナ

プロローグ

「私……じゃ、ダメかな」


 短い黒髪をさらりとなびかせ、カヅキはまるでみたいな端正な顔立ちを今にも泣きそうに歪ませ、俺を切なげに見つめていた。


「どこでも、触っていいから」


 頰を赤らめながら、カヅキは恥ずかしそうに言った。

 どこでも……って――。言われて視線が向かうのは、そのほっそりとしつつも、柔らかなカーブを描く身体だ。

 ひらひらと短いスカートが風に揺れて、カヅキの柔らかそうな太ももをチラつかせている。

 倒錯的……とでも言えばいいのか。

 カヅキがミニスカートを履いている様は、やはり違和感があって落ち着かなかった。

 小学生のとき、同じアイスホッケークラブのチームメイトだったカヅキ。いかつい防具で華奢な体を覆い、ハーフみたいな小顔にフェイスマスクを被せ、リンクの上を颯爽と駆け抜け、勇ましくタックルかましていた。学区も違ったし、中学入ってからはお互いクラブを抜けて、接点は無くなったけど……それでも、たまに土日に遊んだりしてて……そのときだって、カヅキはTシャツにジーンズ姿。しかも、『俺』って言ってて……。

 だから、ずっと――高二になった今の今まで、カヅキを男だと思っていたんだ。


「少しずつ触れていけば、慣れると思うんだ」カヅキはぱっちりとした目をキラキラ輝かせ、俺にぐっと顔を寄せてきた。「だから、手伝わせて。陸太りくたの女性恐怖症、私が治してあげる」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る