第3話 古い友人(3)

 飛び起きて、南雲の指す方を見たレンが最初に見たものは、真っ赤に染まった壁だった。何事かと思って目を懲らすと、どうやら壁に掛かった面から赤いものが……どう見ても血にしか見えない液体が、ものすごい勢いで流れ出ているのだ。まるで、今壁際で人の首を切断したかのように。

「何だこれは!?」

「すごいだろ! 夜な夜なこんなことになってるんだよ!」

「夜な夜なこれでよく平気だなお前は!?」

 思わず叫んでから、そこでレンに疑問が芽生えた。夜な夜なこうなっている? それなら、どうして壁に染みなどが残っていないんだ。

 レンの疑問はすぐに解けた。面から流れ出している血のような液体は、床まで垂れると、そのままふっとかき消えてしまった。まるで、流れるものはプロジェクションマッピングだったかのように。

 しかし、振り返ってもプロジェクターの様なものはなかったし、いくら寝起きだったとしても、映像の液体と本物の液体は判別できる。

「あの面は、骨董屋で買ったときはもっと軽かったんだ」

 南雲は嬉々として話を続ける。

「でも、最初の晩にこうやって血が流れ出したら、ずっしり重くなって」

「『重くなって』じゃねぇよ。よく平気だな。坊主なり神主なりは呼んだのか」

「まだだよ。お前に話すのが最初だ」

「……」

 レンは腕を組む。

「とにかく、警視庁からチームを寄越す。良いな?」

 南雲は快諾した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます