テケテケ

第1話 放課後の怪異

 東京都、立川市某高校。放課後。

 二年生の大川拓真おおかわ たくまは、校庭のバスケットゴールを使って遊んでいた。中学までバスケットボール部だったが、高校に入ってからは帰宅部だ。両親は「続けたら良いのに」と言ったが、中学三年で引退して、受験勉強期間ずっとバスケットボールをやらずにいたら、「こう言う選択肢もありなのかもしれない」と思うようになった。飽きたのか、潜在的に辛くてもうやめたかったのかは自分でもわからない。けれど、高校に入学して、部活紹介を見ていたら、もう部活に入る気はなくなっていた。

 それでも、バスケットボールそのものは好きだったから、友達を誘ったり、一人でこうして遊んだりしている。何かしらには入っておいた方が良いから、と言う事で、友人に誘われた美術部に入ってはいる。活動は緩く、作品製作も熱心な部員の手伝い程度で許された。

 部室には常に誰かしらいるが、活動日は週に二回だ。そして今日は活動日ではない。拓真が校庭でバスケットボールを弄んでいるのもなんら不自然なことではない。


 ふと視線を感じて、校舎を見上げる。二階の窓から、指定制服を着た少女が、窓枠肘を突いてこちらを見ていた。薄らと笑みを浮かべている。可愛いな、と拓真は思った。結構俺の好みかも。少しだけどきどきしてしまう。

 でも、何年生だろう? あんな可愛い子がいたら、男子の間で話題になりそうなものだが。まあいいや。ついでに聞いとこう。

「ねえ、降りてこない? 一緒にやる? 見たいなら近くで見なよ」

 少女は少し照れた様に頷くと、身を乗り出した。拓真があっと思ういとまもなく、彼女は二階から飛び降りた。

「ちょっと!」

 落ちてくる彼女はどこか妙だった。けれど、違和感の正体を確認する余裕などなく、拓真はボールを放り出して駆け寄って……絶句した。

 スカートから脚が出ていない。

「うわあ!」

 拓真は後ずさった。少女はにこにこしたまま、手の動きだけで凄まじいスピードを出して彼に向かって来た。下半身のない虫を想起させるような動き。拓真の脚が、放り出してボールを踏んだ。すぐに起き上がって逃げないといけないのに……起き上がり方を忘れてしまった。愛らしい笑顔のまま、少女は拓真に向かってくる。肘を曲げて跳躍する。それを見た拓真は、喉の奥から叫び声を上げた。


 数分後、悲鳴を聞きつけた教職員と生徒が駆けつけた時、彼は数カ所に噛み傷を作った状態で発見された。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます