オタク同僚と偽装結婚した結果、毎日がメッチャ楽しいんだけど!

作者 コイル@オタク同僚発売中

1,832

628人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本のタイトルで面白そうと思って買ったんですけど、そもそも漫画だと思って買ってしまったんです。書籍だったことが、ちょっとショックで、仕方なく読んでみるかあと思って読んでみたら、読む手が止まらないくらい面白かったです!
いつの間にか周りの音が聞こえなくなるくらい物語の世界に入ってました。言葉が丁寧で、自分の身近な言葉が多くて、頭にその光景がしっかり浮かんでくるので、めちゃくちゃ読んでて楽しかったです!
女性と男性の気持ちが交互に書かれてるのも、とっても魅力的でワクワクしました!
書籍買ってから、あとがき読んで、急いで検索して全部読んで、ほんとに死ぬほど楽しませていただきました。
咲月さん、隆太さん、登場する皆さん、
全員が生きてるかんじがした作品で、
本当に大好きです。
私は紙派なので、続きも本になっていただけると、うれしいです。
ずっとこれからも応援してます!感想を伝えたくて初めて書いてみました。長くてすみません。本当にこの作品を書いていただいて、心から感謝してます。
素敵な物語をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

なろうで大好きな作家さんのつぶやきからなんとなくとんできました。

登場人物が皆、好きすぎる…。皆かわいい…。自分の好きなものだけでなく人の好きなものを大切にできるのは貴いなと、しみじみ思いました。

明日早速本屋へ行ってこちらの本をゲットしたいと思います!他の作品も読ませて頂きますね。

★★★ Excellent!!!

なろうから読みはじめてこちらに来ました

2人が近くなっていく過程や視点が切り替わってお互いの気持ちが動いていくところがたまらなく大好物で何回か読み返してしまいました

人物像も魅力的で咲月さんと同僚になりたい…そして遠くから噂話で憧れるよね~と冷やかしたいって思いました

多分私の中の殿堂入りランクインの作品です
出会えて良かったです

★★★ Excellent!!!

会社の同僚でしかなかった二人が
お互いの為の「偽装結婚」という嘘から
近付いて触れ合って解り合っていく。
いつしか嘘が真実に変わっていき、
お互いの魅力が磨かれ更なる輝きを放ち
幸せがどんどん周りへと広がっていく過程が
ページをめくる手を止めさせてくれない。
読んで幸せになれる作品です。

★★★ Excellent!!!

やっぱり私もなろうからです。
咲月さんが可愛い。
そして滝本さんがかっこいい。
こんなに楽しそうな女性も、好きな女性と過ごせて暴走しちゃう旦那様も、
その全てが好物です( *´︶`*)

書籍化ホントおめでとうございます!
電撃文庫さん、私の夢を叶えてくれて
ありがとう。ついに咲月さんを
イラストで見れるなんて。゚( ゚இωஇ゚)゚。

★★★ Excellent!!!

小説家になろうの時から拝見していました。今回カクヨム様で投稿されていると聞き、訪ねてまいりました。
改めてお2人の関係性の構築から何から何まで素晴らしいと感じました!オタクでありながら、家庭も大事にしている2人がとても素敵です。幸せな家庭を作っていってほしいです!

★★★ Excellent!!!

 趣味の違うオタクカップルが、互いの趣味を尊重し合いながらイチャイチャする。
 この概要だけであればよくあるラブコメであるのですが。。。

 この作品の、作者様のすごいところは趣味の描写とリアルさだと思います。
 作中の二人の趣味の方向性は見事にが違うのに、そのどちらの趣味も現実感がある。
 もしかして一部ノンフィクションなのでは??とか邪推してしまうほどで、知らない世界を案内してもらったような読後感がありました。
 また殆どのフィクション作品が作者の経験が無い為描けない「妊娠出産」に関して詳しい描写を書かれていたことも素晴らしい。

 ほんわり癒やされ笑いながら、自分の知らない世界を教えてくれる作品です。
 大変おすすめです!

★★★ Excellent!!!

何が良いって?それはニヤリと含み笑いをしてしまうからでしょう。
ヒロインは”ホタルノヒカリ”の雨宮蛍を彷彿させるマンガ系腐女子
そしてお相手は地下アイドルを追いかける
スーパー情報収集形営業マン
そんな二人が始めた偽装結婚は、楽しさ10倍のシェアハウス!
絡まる親類縁者と食べ物が二人の心を結んでいく物語。
そして二人の趣味は重なり合う果てに
ハッピーエンドの千本桜を奏で出す。

そんな二人が魅せる”逃げ恥”チックな恋愛模様ちょっと覗いてくれませんか?

★★★ Excellent!!!

互いの趣味を尊重しつつ、だんだんと距離を詰めていくというか近づいていく、この早くはないスピード感がとてもよいのです

主人公、相沢さんのニュートラルというかいつもフラットな喜怒哀楽の感情表現もまたいいのですよ

ぜひ連載を追いかけるのをオススメしますですよ