オタク同僚と偽装結婚した結果、毎日がメッチャ楽しいんだけど!

コイル

偽装結婚から新婚さんへ

第1話 突然のプロポーズ

「データ転送しました」

「相変わらず早い、おつかれさまー」

「確認をお願いします」


 私、相沢咲月あいざわさつきは、同僚の瀬川恵美せがわえみに笑顔を作ってほほ笑んだ。

 時間を確認すると、16時55分、完璧だ。

 瀬川さんは私が転送したデータを確認しながら


「相沢さんって、毎回仕事を時間通りにきっちり上げて偉いなあ」


 すごーい……と、ため息をついた。

 私は「そんなことないですよ」と軽く謙遜しながら荷物を鞄に入れる。

 事実、瀬川さんは本気を出したら、私の数倍仕事が早い。

 私は何があっても17時に帰りたいだけなのだ。


「では、失礼します」


 私は会社用に買っている3cmヒールを鳴らしながら歩いて、デザイン部を足早に出た。

 美大で就職先を選ぶ時に、半分以上が夢を追って消えていった。その中で私の条件はたった二つ。

 ひとつは、『17時に帰れること』ともう一つは……





『副業許可』





「どああ~~めっちゃ疲れたああ~~~~」


 私は『完売しました!』と書いてある紙の上に突っ伏してため息をついた。

 会社では3cmヒールにメイク完璧、服はシンプルと決めているが、ここではTシャツGパンすっぴん、髪の毛一つ縛りだ。

 突っ伏すと前髪がダラダラと垂れてくる。

 それを適当にちょんまげに縛った。もう何でもいい……。

 

「……今回ばかりは、本当に落とすかと思った」


 私は安堵のため息をついた。

 売り子のワラビちゃんは

「今回は難産でしたね~~」

 と差し入れで貰った煎餅をバリバリと食べている。


 私は本業は文房具のデザイナー、副業で同人作家をしている。


 同人は中学生の時から15年以上、完全にベテラン作家の領域で、ここ数年は壁サーという壁際に配置される人気作家になった。

 まあ同人はジャンルの人気が大きいけれど、たまに配信サイトでオリジナルも書かせて貰って、立場は安定してると思う。

 ただ漫画家として生きていくほど腕は無かったし、実家を出る条件が『就職』だったので、ずっとこの状態だ。

 でも仕事で求められたものを書き、趣味で好きなものを書く生活が、私は最高に気に入っている。


「書けば書くほどページが増えて、もう意味わかんなかったもん」


 私はワラビちゃんが食べている煎餅を一つ貰ってバリバリ食べた。

 あー、疲れと脱水に塩気が最高に染みる。

「どんどんネーム増えてましたよね」

 ワラビちゃんはチョコパイもありますよ? と机の下の差し入れボックスから引っ張り出した。

 分かる、煎餅の後にはチョコだよね。

 私はそれを受け取ってモグモグ食べた。ああ徹夜明けの身体に甘さが痺れるように旨い。

 毎回死ぬほど疲れるのに、イベントは楽しくて毎回新刊作ってしまう。

「次に来られるのは冬かなー」

「あー、黒井さん、夏出ないんですもんねー」

 ワラビちゃんはスマホのスケジュールを見ながら言った。

 そそ。

 私はポカリを飲みながら頷く。


 うちの実家は田舎で旅館を経営していて、夏休みの7日間は絶対に手伝う約束で家を出ている。

 スケジュール的に丸被りなので、毎年夏コミは出られない。


 それは諦めてるから良いんだけど、何よりイヤなのが

「また結婚しろって言われるんだよなあ……」

 私はため息をついた。

「黒井さん、それ毎年ていうか、会うたびに愚痴ってますよね」

 ワラビちゃんはキャハハと軽く笑う。

 私は机をドンと叩き嘆く。

「旅館は兄貴が継ぐし、奥さんもしっかりしててさ~、子供だって男女ひとりずつ、完璧なの! あと問題なのは私だけで、すべての文句が私の所に溜まるの。湿地の沼かよ、マジで。別にいいじゃんねえ、私のことなんてほっといてほしい!」

 イヤだイヤだ、帰りたくない~~。

 私は思わず大声でまくし立てて叫んだ。

 本当に本当に面倒なのだ、親戚一同集まった所でひたすら『何か体に問題があるのか』『男に興味がないのか』『誰かいないのか』『とにかく私たちを安心させてくれ』って

「なんで親を安心させるために結婚するんだよ!」

 せめて幸せを祈れよ!

 私は持っていたペットボトルをグシャリと潰した。

「言う言う、親って超それ言いますよね」

 ワラビちゃんはケラケラ笑った。

「お母さんはお父さんの愚痴めっちゃ言ってて不幸なのに、どうして結婚しろって言うのかな」

「周りに結婚して幸せそうな人って、めっちゃ少ないですね」

 ワラビちゃんの言葉に私は深く頷いた。

 今更結婚に夢なんて持てないし、結婚前に転がる恋愛さえ面倒だ。

 そんな時間があったら原稿したいし、漫画喫茶に籠りたい。




「ああ、もう偽装結婚でも何でもいい。結婚しろって言われないために結婚したい。黙らせたい」




 アゴを机に置くような状態でため息をつく。

 すると目の前に誰か立っているのが分かった。

 顔を上げると……ド派手なTシャツにダボダボパンツ……何より大きなカメラをぶら下げている。そして深くかぶった帽子と分厚いメガネ。

 ああ、コスプレイヤーの写真を撮る人……カメコさんかな?

 ワラビちゃんが

「すいません、今日は完売しちゃって……」

 と声をかけると、男の人は私の目の前にすっ……と座った。

 汗臭い……? と思いきや、爽やかな石鹸の香り。あれ? 今日は5月にしては暑くてみんな臭そうなのに……?

 男の人は私の目の前にひざまずき




「じゃあ、俺と結婚しませんか?」




 と言った。

 

 ?????


 なんだろ????


 この人は私の目の前で今、なんて言った???


「は? 何言ってるんですか、警備呼びますよ」

 カタンと立ち上がったのはワラビちゃんだ。

 イベントは変な人が来たら即警備を呼ぶのが鉄則だけど……私はほんのり薫る石鹸の香りを思い出して、ワラビちゃんを制した。

「私……あなたと初対面ですよね? 警戒されて当然だと思いますが」

 あえて仕事モード、冷静に言ってみると、男の人は

「そうですよね、分かるはずないですよね」

 と言って帽子を取ってメガネも取った。

「あ!!!!」

 ……とはならない。誰この人?

 やっぱり初対面じゃね?

 私の表情を見て、男の人は「なるほど」と言って、後ろに縛られていた髪の毛を解いた。

 そこでやっと分かった。



「……営業の滝本たきもとさんだ!!!」

「おつかれさまです、黒井さんとお呼びしたほうがいいですか?」

「あ、あ、あ……相沢でも、いいですけど……!!」



 私が動揺してる横でワラビちゃんが

「黒井さんって本名相沢さんって言うんですね」

 と静かに頷いた。ワラビちゃんとは付き合い10年以上だけど、本名は郵便くらいしかやり取りしないので、お互いに覚えてない。

 というか、ネット上の名前もネタでコロコロ変えるから覚えてないくらいだ。

 なんなら私は先日まで『黒部ダム』て名前だったし、ワラビちゃんは『ラジオ体操』だった。なんだよ、それ……。

 そうなの、私、本名は相沢なの。

 相沢なんだけど……!!


「滝本さん……って……カメコ……さん……?」

 

 私は恐る恐る聞いた。だって滝本さんって言えば、会社ではスーパークール、口数少ないけど営業成績は良くて、会社で一番人気の浅野さんに告白されても断ったって有名なんだけど!

 会社では高そうなスーツをキリッと着こなしてるのに、イベント会場では見本のようなカメコルック。

 さすがに動揺が隠せない。 

 滝本さんは


「俺はドルオタです。今日は推しがコスプレしてるので、撮影に来ました。よろしくお願いします」


 と仕事のような手つきで名刺を出してきた。

 渡された名刺には『ボカロP・タカピー』とめっちゃ可愛いイラスト入りで書いてあって……っていうか、ボカロP?!

 私の顔色を見たのか滝本さんは


「アイドル好きが高じて、ボカロで曲も作ってます。何人か歌って貰えてるんですよ」


 と会社と同じ目元だけで微笑んだ。

 ドルオタ極めて作曲!!……ガチすぎる……!!……と思ったけど、壁サーで巨大ポスターにはがっつりBLポスター(A0・841×1189mm壁サー標準譲渡決定済)。

 後ろには700冊持ち込んだ新刊の空段ボールの山……私も結構なレベルでは……。



「とりあえず……お茶でもしますか?」

 私はちょんまげにしていた髪の毛をツイと取って言った。

「いいですね」

 滝本さんは解いた髪の毛をキュッと縛りなおした。

 きっと写真撮る時に邪魔だから伸ばしてるんだろうな~、会社ではクール演出のために伸ばしてるって思われてるけど……。

 私は妙に納得してしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます