第47話 レベリング

 3体に分裂したポシルが、1体ずつ分かれる。


 そして、それぞれ1体ずつオークの正面に歩を進め、気配をうまく調整し、圧倒的強者である事を隠し近づいていく。


 オリジナルスライム♯定着

【Name】ポシル

【age】0

【Lv】12

【HP】 1292/1292

【MP】 1155/1155

【力】 363

【体力】 287

【器用】 202

【知力】 194

【素早さ】213

【魔力】 259


 ステータスの差は【力】以外は各項目2〜3倍、いつも通りなら楽に勝てるが今は3体に分かれている。


 つまり、このステータスの3分の1位になっている。

 それでも圧倒的なスキル差で、まず傷付くことはないだろう。


 弱く擬態したポシルが、少しずつお互いに距離を取りながらオークに向かい進んでいく。


 オーク達は完全に獲物と認識し、それぞれの正面にいるポシルに向かい、走りながら丸太を振り下ろす。


 ただスライムを叩き潰そうという大振りの力任せの一撃。


 それぞれのポシル達に振り下ろされた丸太を、ポシル達はまったく避けるそぶりも見せずその丸太を受ける。


「「「ブモー! ブモー」」」」


 豚のような雄叫びをあげながら、何度も何度も丸太が振り下ろされる。


 3体のオーク達はなかなか潰れないポシル達に苛立ちを覚えながら、更に半狂乱で丸太を振り下ろす。


 もともとのステータスに加え、スキル【衝撃耐性<Lv3>】の力により、斬属性の全くない丸太での攻撃は、ほぼ全て吸収される。


 その猛攻に耐えていたポシルの分裂のうちの1体……Aとしておこう。

 ポシルAが、丸太を食らいながら5本の触手をチクチクとオークAの足に繰り返し刺している。


「ブ ブモ ブモォォォ」


 悲痛な叫びと共に崩れ落ちるオークA。

 しかしポシルAは5本の触手を伸ばし、執拗に刺し続ける。


 オーク※猛毒 麻痺 盲目 睡眠 混乱

【Name】ー

【age】4

【Lv】 17

【HP】 280/700


「うわ。これは……」


 オーク

【Name】ー

【age】4

【Lv】 17

【HP】 700/700


「あっ治った」


 オーク※猛毒 麻痺 盲目 睡眠 混乱

【Name】ー

【age】4

【Lv】 17

【HP】 140/700


「うわ……」


 オーク

【Name】ー

【age】4

【Lv】 17

【HP】 700/700


「・・・」


 オーク※猛毒 麻痺 盲目 睡眠 混乱

【Name】ー

【age】4

【Lv】 17

【HP】 20/700


 オーク

【Name】ー

【age】4

【Lv】 17

【HP】 700/700


【スキル】

 ノーマルスキル

 毒耐性<Lv1> 睡眠耐性<Lv1>


「あっ 耐性ついた・・・」


 いったい何度目の状態異常と回復だろう。


 ノーマルのオークが、耐性のスキルを取得するほどの苦行って……。


 生かさず殺さずの状態を繰り返し、ポシルAは状態異常と回復の関連スキルである魔力操作<Lv1>と、薬生成<Lv3>。触手を刺す際に使う 硬化<Lv1>のレベリングをしている。


 オークが耐性を取得する事で、さらに経験値は上がる。


「無限レベルUPみたいだ……」


 そしてポシルB

 こちらは最初の数発を受け止めた後は、避ける。

 ひたすら避けている。


 回避のスキルは持っていないが、持ち前のステータスの高さでギリギリかわし続けている。


 スライムに目はない。

 しかし、全て体内の感覚器官で補っている。

 その為ポシルには目がないが、正面から後方まで全てが見えている。


 オークBはひたすら丸太を振り回し、ポシルに当てようとするがカスリもしない。


「ブモォーブモォーブモォ……」


「オークが息切れおこしてるよ。。。涙目だよ」


 オークが息切れを起こし、腕の振りが鈍ったと思ったその時、ポシルBの触手がオークBの胸元に刺さる。


「終わったかな?」


「ブッ」

 息切れしていたオークBの目が急に見開く。


「?」


「ブモー!!!!!!」

 咆哮と共にオークBの目が生き返り、体のキレが増す。


「なっ。はっ?」


 どうやらポシルBは胸元に留めを刺したのではなく、体力を回復させ、力を向上させるドーピングのようなものを注入したらしい。


 みるみる元気になり、先程の息切れしていたオークとは全く違う動きを見せ始める。


 そしてポシルC。

 こちらはひたすら耐えている。

 たまに硬化も使いつつ、オークCの攻撃を受け続けている。


 そしてポシルB同様にオークCの体力が落ちると、ドーピングを行い攻撃を続けさせている。


「あっ」

 ポシルBを攻撃を続けていたオークBが突如倒れた。


 オーク(B)

【Name】ー

【age】4

【Lv】 16

【HP】 0/630


 どうやらあのドーピングは能力を上げる代わりに、命を削っていたようだ。


 攻撃を全く受ける事なく、攻撃し続けていたがHPは0になっている。


 最後にオークBを取り込み吸収したところで、ポシルBが帰ってくる。体を横に揺らし満足げだ。


 オリジナルスライム♯定着(分裂体)

【Name】ポシル

【age】0

【Lv】12


 回避<Lv1>New

 心眼<Lv1>New

 ※通常の視覚に頼らず周囲を把握し、自分への攻撃を知覚する。 知覚の範囲はLvに依存 体周囲から10cm×Lv 最大10Lv


 回避lvUP<Lv1>→<Lv2>

 心眼LvUP<Lv1>→<Lv2>


「おー。ポシル新しいスキルを2つも覚えたんだね。心眼も回避の能力を上げるからこれで、不意の攻撃にも対応できるね」


 うちの優秀な従魔は、この短期間にスキルを2つも覚えたらしい。


 いつものように、褒めながら撫でると小刻みに体を震わせ、手に擦り寄る。


 3体とも同じポシルのはずが、違う個体に感じてしまう。

 かわいいから文句は、ないけどね。


 ポシルBを撫でている間も、ポシルAとポシルCはオーク相手にレベリングを続けていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る