第15話 魔法はロマン

 時間は22鐘前。

 よし、これからが魔法の特訓の本番だ。


 宿屋の部屋に戻り、一杯の水を飲む。

 そして、そのままベッドの上で座禅を組んだ。


 行ってよかった。知りたかった事が聞けた。見たいものが見れた。


 たぶん見学を伝えた事で、わざと詳しく言葉に出してくれたんだ。ありがたい。


 まずは意識を集中。確かに魔力は丹田にあると言った。


 学んだ事で、確かに感じる違和感に対して集中する。


(あった。これだ。何か温かいものが渦巻いている。これが魔力。)


 そのまま少し引き出し、丹田から放出された魔力が血管の中を通り全身へ。途中心臓で増幅するイメージを持ったら確かに、魔力が増大した。


(すごいな。魔力が体中を駆け巡っている。)

 そのままグルグルと魔力を回し続ける。


 ー30分後ー


 ピロン!

【スキルー魔力感知ーを取得 】

 魔力感知<Lv1> ※魔力を感じ取る。魔法制御に補正


 ピロン!

【スキルー魔力操作ーを取得】

 魔力操作<Lv1>※魔力を操作する。遠距離での操作も可能。魔力操作に補正


 一気に2つのスキルを覚えた。

 やっぱり教えてもらえてからの成長が早い。

 そういえば、訓練所の2人とも魔力感知・魔力操作のスキルはなかった。


 スキルになる程熟練していないのだろうか。

 補正込みで30分と言う事は、本来5時間以上集中して魔力を操作する必要がある。その前にほとんどの人は、MPが切れるのだろう。


 スキルを覚えた事で、あまり意識しなくても魔力を回せるようになった。


 魔力感知を覚えたせいか、体内以外でも魔力を感じる。

 空気中にも植物にも魔力を感じる。この空気中の魔力は吸収できるのだろうか。


 意識を集中して空気中の魔力を、口から鼻から皮膚から吸収するイメージを固める。

 周囲の魔力が、体内に吸い込まれる。


 体全体の魔力が、増加してきているのが分かる。

 体内のあらゆる細胞や組織に染み渡るように、魔力を浸透させる。


 体が軽くなる。

 力が湧く。

 そのまま周りの魔力を吸い続ける。


 ピロン!

【スキルー魔力還元ーを取得 】

 魔力還元<Lv1> ※魔力を体外から吸収し体内で保管する。


 うっ……!

 吸収を続けていたところで、急に吐き気が…


「気持ち悪。スキルになったはいいけど、食あたりならぬ魔力あたりか。自分の許容範囲を超えたのか?」


 この症状は、魔力操作ができない人種が、魔力だまりに行くと起こる魔力過多という症状であり、これ以上続けた場合、意識混濁で気絶もあり得る状態であった事を後に知る。


「ふー。これでよし。あとは、この紙に魔力を通して1つずつ適性を知ろう」


 六芒星の紙を用意し緊張し、手が汗ばみながら1枚ずつ魔力を込める。


 まずは

 火属性 ボッ!急に紙が燃え上がる。しかし不思議と熱くはない。


 水属性 ポタポタポタポタ。少しだけ込めたつもりが結構な量の水が滴り落ちる。


 風属性 スパッ!魔力を込めたところからスッパリ紙が切れる。


 土属性 カチッ!紙がまるで厚紙のような硬さになる。


 光属性 紙自体がほんのり発光を始める。


 闇属性 紙全体が黒く染まる。


 最後に時空属性 紙が一気に圧縮し消え去る。


「あーやっぱりチートな体質だったか。神様…。全属性対応ですか……そうですか」


 うん。


「ありがとうございます!!」


 これで自由に魔法が使える!

 魔法なんてロマンな響き。もう一度言おう。神様ありがとうございます!


 ベッドの上で手を合わせ、最大限の感謝を送る。


 今度、教会にちゃんとお祈りに行こう。

 ギルド小冊子に、この街にも教会があるって書いてあったしな。


 チェックの為に多目に魔力を消費した分は、体外から吸収できたようだ。

 このまま練習するとしても、火属性はやめておいたほうがいいな。


 一度部屋を出て、女将にタライを借りる。

 お湯も薦められたが断った。


「よし。火は危ないけど水は大丈夫だろう」


 魔力を放出、増幅させて手に魔力を集める。


 そしてイメージする。まずは飲料水。

 山に雨雪が降り注ぎ、山に浸透していく。何層もの地層に濾過され不純物を取り除く、同時に山の栄養分であるミネラルを水に溶け込ませる。ゆっくり地下にたまる。

 それをそのまま管に繋ぎ水道として機能させる。

 そして蛇口をひねり水をだす。


【ウォーター】!


 ジャー!

 蛇口を全開にするイメージのまま、勢いよく手からタライへ出る水。

 蛇口を閉めるイメージをすると、弱くなった。


「どうやらうまくいったらしい。あとは飲めるかだな」

 一応飲料水をイメージした水をカップに入れ、魔法を止める。


 そして解析をかける。

 ー水(魔力水)ー

 ※魔法によって生成された。土属性の魔法により少量のミネラルを含む、飲む事が可能な水。魔力が多く含まれ特殊な水となっている。軟水 美味


 なんか思ってたのより、凄いのできた……。

 しかも土魔法まで同時に使っていたとは、イメージ力恐るべし。


 解析は信用しているので、とりあえず飲んでみる。


「うまい‼︎確かに軟水だ。転移前の日本でも飲み慣れた喉越し。だけど味が全然違うカルキ臭なんてもちろんなく、水だけど味がある。少し甘めのスッキリとした味だ!」


 魔力が多く含また特殊な水とある。これがおそらく原因なんだろう。


 ー水ー

 ※魔法によって作成された飲む事が可能な水。


 魔力をギリギリ魔法が発動可能まで、抑えて作った飲料水だ。やはり解析結果も異なっている。 


 何よりも美味しくないのだ。飲める事は飲めるだけど水道水をくんで、1日外に放置していた水のような喉越し。

 そして味は水道水のような味がした。どうやら込めた魔力が味を美味しくさせるのだろう。今後は少し多めにして飲料水を確保しよう。


 とは言ってみたけど、水袋の水で事は足りるな……。


 ピロン!

 水魔法<Lv1>

 ※水属性の魔法。Lvに応じた水分量。水魔法制御に補正。水魔法威力に補正


 よしっ!

 覚えた。この調子で行こう。検証は後にして、今は魔法のスキル取得を優先しないと。


 ピロン!

《新規職業取得ー魔術師ー》

 ※魔法取得小上昇 魔法習熟度小上昇 MP・魔力小上昇


 えっ職業?

 どうやら、モンスターがいない似非テイマーより先に、魔術師になったみたいです。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る