【BL】君の匂いがする時は

作者 手塚エマ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第五話へのコメント

    凄く怖い!事故の臨場感があるのは情景描写がきちっとされているからでしょうか。
    二人の出会い方が印象的でした!風景や容姿の描写などが美しくて、日本語の持つ美を感じます。
    お香は嗅ぐではなく聴くと言うのですよね。そう言う細かな配慮も素敵です!

    作者からの返信

    mono黒様へ

    いつもご感想を聞かせて下さり、
    ありがとうございます。
    やはり読者様の反応が得られると、モチベーションもアップします。とても励みになっています。

    事故のシーンに臨場感があったと、おっしゃって頂き、嬉しいです。血生臭いシーンの描写は得意な方だと自負しています。どうしてなのかは、わかりませんが。

    また、日本語の響きを含めて和の美を感じて頂けましたら、嬉しいです。
    たとえば匂いを嗅ぐと書いても聴くと書いても意味は同じですけれど、嗅ぐは腐臭を連想させます。ですので、香道で用いられている『聴く』を使った次第です。

    筆者のそうしたささやかなこだわりを受け止めて下さり、ありがとうございます。すごく嬉しかったです。

    2020年11月30日 23:17

  • 第十四話へのコメント

    京都を舞台に書くのは難しい
    ながら興味深く入ってみました。
    詳細な特徴まで描くのが上手ですね
    ゆったり読んでいきます。

    作者からの返信

    はじめまして(^^)/
    ご感想を聞かせ下さり、誠にありがとうございます。
    また、思いがけなくお褒めの言葉も頂戴し、
    とても嬉しかったです。
    本作は雅やかな表の顔と、魔都としての裏の顔を合せ持つ
    京都を舞台にしなければ、書けない話だとして書いています。
    今後もどうぞはんなりと、お楽しみ頂けましたら幸いです。

    2020年11月27日 13:10 編集済

  • 第二話へのコメント

    初めてお邪魔致します。
    着物、京都、お香、日本ならではのシチュエーションと情景が文章からそこはかとなく溢れてくるようで、とても魅力的でした。和物が好きなので、まだほんの触りしか読んでいないのに素敵だなと思いました。

    作者からの返信

    mono黒樣

    はじめまして(^^)/
    ご感想を寄せて下さり、ありがとうございます。
    私も【和物】が大好きなんです。つい和の建物や着物等の描写に力が入ってしまいます。
    興味がなければ読み飛ばして頂けばいいですし、mono黒樣のように、一緒に楽しんで頂けましたら嬉しいです。

    2020年11月27日 12:52

  • すべてのエピソード 3
  • 第一話
  • 第二話 1
  • 第三話
  • 第四話
  • 第五話 1
  • 第六話
  • 第七話
  • 第八話
  • 第九話
  • 第十話
  • 第十一話
  • 第十二話
  • 第十三話
  • 第十四話 1
  • 第一話
  • 第二話
  • 第三話
  • 第四話
  • 第五話
  • 第六話
  • 第七話
  • 第八話
  • 第九話
  • 第十話
  • 第十一話
  • 第十二話
  • 第十三話
  • 第十四話
  • 第十五話
  • 第十六話
  • 第十七話
  • 第十八話
  • 第十九話
  • 第二十話
  • 第二十一話
  • 第二十二話
  • 第二十三話
  • 第二十四話
  • 第二十五話
  • 第二十六話
  • 第二十七話
  • 第二十八話
  • 第二十九話
  • 第三十話
  • 第三十一話
  • 第三十二話
  • 第三十三話
  • 第三十四話
  • 第一話
  • 第二話
  • 第三話
  • 第四話
  • 第五話
  • 第六話
  • 第七話
  • 第八話
  • 第九話
  • 第十話
  • 第十一話
  • 第十二話
  • 第十三話
  • 第十四話
  • 第十五話
  • 第十六話
  • 第一話
  • 第二話
  • 第三話
  • 第四話
  • 第五話
  • 第六話
  • 第七話
  • 第八話
  • 第九話