追放された俺が辿り着いたのは、追放者だらけのパーティでした。

作者 味噌わさび