七回目

 それは燃えるように赤く染まった木の葉が、風に吹かれて舞い散る日のことでした。


「こんにちは、かみさま! 今日もきれいなおぐしですね!」

「………おぬしの、名は」

「もう、未来のお嫁さんの名前を忘れるなんて、ボケちゃってます? わたしはかみさまがボケても大好きですけど! るりですよ、るり。あなたのお嫁さんです!」

「…………変わったな」

「それは、もう! なんと言っても十五になりましたから!」


 言って、るりが両手を腰に当て、胸を得意げにそらしました。

 なるほど、るりの言うとおり背丈は伸びているようでした。けれど手も足も、まるで枯れ枝のように細いのでした。

 木の精はため息をひとつ、つきました。それから己の木から桃をひとつもぎました。


「……食べなさい」

「! いいんですか! わあい! かみさまの桃を食べられるなんて、夢みたい! 嬉しいなあ」


 るりは手渡された桃を大事に大事に両手で受けとり、そっと頬ずりをしました。


「……食べなさい」

「はあい。でも、もったいなくて。初めてかみさまがくれたものですもの、味わって食べないと」


 言って、るりはひとくち桃をかじりました。


「ふふ、産毛がくすぐったい」

「皮を剥きなさい」

「はあい」


 くすくす、るりが笑います。

 その笑顔を木の精はぼんやりと見ていました。


「どうかしましたか、かみさま」

「………」

「もしや、あまりにわたしがかわいいものだから見惚れてましたか?!」

「それはない」

「もうっ、照屋さんっ」


 変わらぬ調子で笑うるりに木の精はほんの少し頭の痛みを思い出しました。

 けれども、元気のないるりを見るよりは良い、と桃を食べるるりを見つめていました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る