二回目

 それは太陽の光で肌が焼け焦げてしまいそうになる夏のある日のことでした。


「こんにちは、かみさま! 今日もきれいなおぐしですね!」

「……おぬしの名はなんと言ったか」

「わたしの名前を忘れるなんて、ひどい! るりですよ! るり! 未来の花嫁の名前くらい覚えておいてください!」

「………おぬしはいくつになったのだ」

「七つになりました!」


 木の精は長く細いため息をつきます。

 るりはにこにこと笑いながら、両の手に抱えた草花を桃の木の根元に置きました。


「家が山から遠くなってしまって、来るのが遅れてしまいましたけど、今日も大好きですよ旦那さま!」

「……誰がだ。やめてくれ」

「今度は肥を持ってきますね!」

「やめてくれ」


 えぇー、と肩を落としたるりでしたが、すぐに元気を取り戻しました。


「そうですね! 肥えは重いしここに来るまでにこぼしてしまうかもしれません! ついでに臭いし!

 でも、じゃあかみさまにはどんなお土産を持ってくればいいんでしょう。お花だけじゃさみしいでしょう?」

「さみしくない」

「おにぎりでも持ってきましょうか」

「なにも持ってこなくていい」

「わたしがいれば何もいらないってことですね、えへっ」

「………祠に」


 木の精は桃の木の根元を指さしました。

 根元には小さな祠がありました。手入れがされていない祠はあちらこちらに苔が生えていました。


「手を合わせて祈ればそれでよい、と教えられただろう」

「あー……? えー、どうだったっけ? わたしの頭はかみさまのことでいっぱいなので!

 お祈りはしますね! かみさまがわたしをお嫁さんにしてくれますように!」

「………」


 木の精は久方ぶりの頭痛にこめかみを押さえました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る