また穴が開いた。

作者 名島也惟