群れない僕らの単独記 

作者 @amazumikaku

演劇の舞台のような幻想的な世界。そこに暮らすのは人なのか?、それとも…

  • ★★★ Excellent!!!

幻想的な雰囲気を感じさせる光景と、
演劇を思わせる、獣に扮(ふん)した人たちとのやり取りと、
そういったものが、二重に重なりあって見えるせかい。

人が羊を、狼を、あるいは鳥を、牧羊犬を名乗っているのか。
人なのか?人以外なのか?

霧のなかで時折見える景色のように、彼らの言葉や景色は、
その世界に引き込まれて誘(いざな)われる気持ちにさせられる。


少しだけ、日常の喧騒から遠ざかりたい時には、
このお話のような世界を観て触れるのも、時には良いかと思いますヨ♪

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク