いつも冷たい後輩が俺の事を好きらしいのでちょっと意地悪したくなったわ。

作者 珈琲

この作品の応援コメントはまだありません

エピソードへのコメントがつくとこの場所に一覧表示されます。