パンデミックが収束したから、ボクたちは日常を取り戻すために必死なんです。

作者 たかなん(花楽下 嘩喃)

すべてのエピソードへの応援コメント

  • パンデミックが収束したから、ボクたちは…へのコメント

    自分達が置かれている現状を重ね、主人公達の不安にわかるわかると頷いていたらまさかの……!

    脳内に広がる世界が一気に塗り替えられてしまいました!!

    けれど非日常を日常とするために、進んでいくしかないのは我々も同じ。

    誓いと呼ぶには弱いのかもしれませんが、新しい日常を受け入れて人々もまた進化していく、そんな明日を祈っています。

    作者からの返信

    お読みいただき、ありがとうございます!

    あーだこーだ言ったところで、新しい日常を生きていくしかないんだよね。
    たとえ困難が待ち受けていようとも。

    願わくは、困難の先にきらめく世界が広がっていますように……。

    2020年9月14日 20:25

  • パンデミックが収束したから、ボクたちは…へのコメント

    コロナからの植物に覆われる世界。
    本当にこんなことが無ければ良いですね。
    でもまだコロナも広がり続け、何が起こるかわからないそんな時代ですね。

    私の駄作を評価して下さり大変嬉しいです。
    ありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    先の見えない不安感を、正体不明の緑であらわしてみました。
    最近、信じられないようなことばかり起こりますけど、負けずに生きていきたいものです。
    お読みいただき、ありがとうございました!!

    2020年8月6日 08:55

  • パンデミックが収束したから、ボクたちは…へのコメント

    コロナの話題から更に遠いところにジャンプしていて面白かったです。植物に覆われる世界、街ってのが凄い好きです…人間の存在が希薄になるからでしょうか。強い誓いの話だと思いました。

    作者からの返信

    読んでいただき、ありがとうございます!
    コロナの話だけだと単なる予想になってしまうので、ちょっと先までお連れいたしました。楽しんでいただけたのでしたら幸いです。
    そう、誓いの話です。ベタかな……とも思いましたけど、ベタなくらいでちょうどいいかな……と(汗)

    2020年5月5日 22:08

  • パンデミックが収束したから、ボクたちは…へのコメント

    夏のある日の青春譚と思って読み進めるうちに、ふと気づいたらとんでもないところに連れて来られたような感覚でした。
    これからの二人がどうなっていくのか、いや、それでも彼らは日常を過ごしていく気がします。

    作者からの返信

    コロナ禍後の日常を切り取ろうかと思ったのですがなんだかぼやけてしまったので、SF的な味付けをしてみました。
    読んでいただき、ありがとうございます!

    2020年5月4日 13:05