滅べよ世界、愛する者の為

蓬莱汐

prologue

 ––––例えば、愛する者の為。


 世界が終わるその瞬間、愛する誰かと共に逝くか。


 ––––例えば、世界の為。


 愛する一人を犠牲にすることで、何十億の、自分にとって無価値な存在を守るか。


 どちらが正解で、どちらが不正解なのか。


 答えはきっと……無い。

 あるとすれば、本人にとって最善の選択こそが正解に成り得るのだ。


 尤も、そんな漠然かつ理不尽な選択を迫られる事など無いだろう。

 普通ならば。


 昔、遙か古の時代。

 唯一、この漠然で理不尽な選択を迫られた者がいた。

 彼は自分にとって最愛の一人と、自分にとって無価値なその他を天秤に掛けたのだ。

 結果––––


 彼は最愛の一人を選んだ。

 

 世界は闇に包まれ、何億の命が奪われ、残った何億もの人たちは彼を非難した。


 しかし、ある人は彼をこう呼ぶ。


 ––––無慈悲な英雄、と。


 きっと、彼の選択は絶対的に間違っていて、そして、核心的に正しかったのだ。



 ***



「––––くそっ……。なんなんだよっ!」


 一人の少年が真っ暗な街中を駆ける。

 時刻は日付が変わった頃。

 少し気分転換にと、コンビニへ出掛けた帰り道だった。


「うわぁっ!」


 背後から飛んできた真っ黒なものを見て、少年は息を呑む。

 月明かりに照らされて、それは姿を現す。

 五十センチを超える鋭い針。それは最早、昔話や伝承に登場するランスと変わらない。

 震える膝に無理を言わせ、急いで走り出す。


 走る先は家の反対方向だ。

 家には家族がいて、左右には幼馴染みの家がある。

 絶対に怪物を近付かせる訳にはいかない。


「な、なんで……。俺がっ、こんな目に……っ!!」


 いや、理由ははっきりしている。

 日付が変わる時間帯に出歩いた自身に非がある。

 そう、太陽が沈めば、その瞬間から世界は彼らのものになる。


 悪神の残香のような存在。

 ––––悪鬼。


 世界は無慈悲な英雄によって、平和なものには成らなかった。

 内心、伝承の無慈悲な英雄に舌打ちをしつつも、闇雲に走り続ける。

 商店街を抜け、裏路地を駆け回り、廃墟に隠れ込む。

 しかし、その先は––––


「行き止まり……かよ」


 何年も前から建築が進んでいない廃墟には、上へと続く階段は存在しなかった。いや、正確には埋められていた。

 きっと、どこかの誰かが遊び感覚で登ることを防ぐ為だろう。

 そうしている間にも足音は近付いてくる。

 静かに、近くにあった柱の影に潜む。

 どこかへ行くのを、息を潜めて待つ。

 やがて足音は遠くなっていき、完全に消えた。


 ––––と、思われた。


「がっ!?」


 柱を突き抜けて、先程の針が腹部を貫く。

 衝撃と激痛に身動きがとれずに蹲る。

 自身の腹部から流れる鮮血を目の当たりにし、体が徐々に冷えていくのを実感する。

 歪む視界で捉えた悪鬼の表情は、歪な笑みを浮かべていた。

 

「––––……っぁ。はっ……ぁ」


 力を振り絞り、声を上げようとするが、出るのは掠れて今にも消えそうな呼吸だけ。

 やがて拳の力も無くなり、体が脱力する。


 弱りきった少年の体に悪鬼の手が伸びる。

  

 だが、届くことはなかった。

 悪鬼の指先が白く輝き出したと思えば、次の瞬間、光の粒子になって空気に溶けていく。

 明らかに動揺した様子の悪鬼だったが、次第に体全体が粒子になっていく。

 わずか数十秒の出来事だった。

 

「君、大丈––––」

 

 誰かの声が聞こえた気がしたが、そこから先は聞き取れなかった。

 意識は闇に呑まれていく。

 ただ、ほんの僅かだけ、懐かしい香りがした気がした。

 

 

 


 

 


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

滅べよ世界、愛する者の為 蓬莱汐 @HOURAI28

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る