幼馴染にオリンピックの全種目を、一週間で制覇しようと言われた話

宮本XP

初日


 ある夏の日。外では連日猛暑が続く中、俺はエアコンの効いた部屋でのんびりと読書を――


「大変だ、ハルト!」


 ――さっきまではのんびりと読書をしていた。


「なんだよサクラ……ノックもなしで」


 突然ドアをぶち破らんばかりの勢いで部屋に転がり込んできたのは、幼馴染のサクラだ。この炎天下を走ってきたのだろうか? 息は荒く、汗もかいている。


「ハルト! 大変だよハル――あぁ、ここは涼しいな……」


 全身でエアコンの冷気を浴びながら、ポケットからハンカチを取り出して汗をふき始めるサクラ。……あんまり大変そうでもないな。


「ハルトは何してたの?」


「え? あぁ、本読んでた」


「本?」


「おう。宮本XPって人の、チートルーレットって作品が――」


「そんなことはどうでもいいの! 大変なの!」


 えぇ……自分から聞いといてなんだよ……。せっかく宣伝しようと思ったのに……。


「大変って……何がだよ?」


「驚かないでね? なんとオリンピックが――――延期されるらしい」


「…………え?」


「やっぱり驚いた? けど本当なの」


「いや、嘘だろ……?」


 正直、驚いた。……驚いたのはもちろんオリンピックの延期ではなく、それを今の今まで知らなかったサクラにだ。


 え、ここまで知らずに過ごせるものなのか? 今日が七月二十三日。延期しなかったら今日が開会式だったんだが……。


「えーと……ちなみに、なんで延期なんだ?」


「コロナだよ。コロナ知らない?」


 コロナは知ってるのか、良かった。


「いや、知ってるけど……。サクラもコロナは知ってるんだな」


「お婆ちゃんに教えてもらった」


 お前、お婆ちゃんより情弱なのか……。


「あぁ、そういえばサクラもコロナ対策は一応しっかりしてたっけ?」


「うん。お婆ちゃんに言われて、マスクと手洗いうがいは、しっかりやっていた。あと……あれを、四密? あれも守ってた」


「そうか、凄いな……俺は三つまでしか知らないわ」


 あとの一密はなんだろうな? いや、下手したら四つとも俺の知らないやつかもしれない。


「悔しいな……。コロナのせいで私の大好きなオリンピックが延期なんて……楽しみにしていたのに」


 なんで、好きで楽しみにしていたのに延期を知らないんだよ……。


「でね、ハルト? 思ったんだ、私たち二人で――――オリンピックをやろう」


「ちょっと言っている意味が……というか、全然意味がわからない」


「出られなかった選手たちの無念を、私達二人で晴らすんだ!」


 俺の話も聞かずに、サクラは鼻息荒く、握りこぶしを作って意気込んでいる……。


「オリンピックをやるって、何をするんだよ?」


「オリンピックでやる競技をする」


「オリンピックでやる競技って言ってもたくさんあるだろ? ……お前、オリンピックで何種目やるか知ってるか?」


「知らない」


 お前、本当にオリンピック好きなのか?

 ……いや、まぁオリンピック好きでも難しい質問だったか? 確か毎回種目数も変わるんだよな?


「ちょっと待ってろ、今スマホで調べるから。えーと…………三百三十九種目だってよ、こんなにあるんだな?」


「全部やりたい」


「えぇ……。何ヶ月かかんだよ」


「できたら一週間くらいで終わらせたい」


「死ぬわ」


 てか、終わらせたいってなんだよ……。


「無茶言うなよ……お前、十種競技って知ってるだろ?」


「知らない」


「知らねぇのかよ……」


 お前、やっぱり別にオリンピック好きでもないだろ?


「十種競技ってのはな、二日間で十種目の競技やるんだ。すげぇ過酷で、そのチャンピオンは、キング・オブ・アスリートなんて呼ばれるくらいなんだよ」


「へー」


「プロのアスリートでも一日で五種目はつらいんだぞ? それをお前……一週間で三百三十九種だぞ? 一日五十種目近くやるのか? もう王どころじゃないな、神だよ神。ゴッド・オブ・アスリートだ」


「じゃあ私は女だからヴィーナス・オブ・アスリートだ」


 ゴッデスじゃねぇの?


「いや、ヴィーナスでもアフロディーテでもいいけどさ…………何照れてんだよ? いや、俺がお前をヴィーナスって呼んだわけじゃなくて、お前が自分で……おい聞けよ。……とにかくだ、数を絞ろう。全部は無理」


「そっかー……どんなのがあるの?」


 二人で肩を寄せ合って、俺のスマホに映ったオリンピックの種目を眺める。……できれば楽なのがいいけど、オリンピック競技で楽なものなんかないか?


 ――というか、いつの間にかやることになっていた。

 えぇ……嘘だろ? この暑い中やんのか? 死んじゃうぞ? ……できるだけ室内競技を探そう、じゃないと俺もサクラも死んでしまう。


「ウエイトリフティングやりたい」


「なんでいきなりそれ選んだ? ……まぁいいか、じゃあこれ貸してやるよ」


 俺は部屋に転がっていた三キロのダンベルをサクラに手渡した。

 何故か少し不満そうにダンベルカールを始めるサクラ――結局三回ほどでやめてしまう。


「なんか少し違う」


「気持ちはわかるけどさ……技術も道具もないんだから、しょうがないだろ。むしろ今のウエイトリフティングは、そこそこ『オリンピック競技をこなした』って言えるレベルだと思うけどな?」


「じゃあ……これやりたい。クレー射撃」


「無理だっての」


 どこでやるんだよ、というか免許とかいるんじゃねぇのかあれ?


「無理かな?」


「銃もないし、クレーも……クレー? あの円盤みたいのクレーっていうのか? ……まぁいいや、円盤もないし」


「エアガンとフリスビーでできないかな?」


「お前それは……有りだな」


 ちょっとそれ、やってみたくなってしまった。


「じゃあ早速……」


「まぁ残念ながらエアガン持ってないんだけどな……いくらくらいするんだエアガンって? あ、それよりこれいいな、水泳」


「水泳かー」


「今日も暑いし、プール行こうぜ」


「バタフライとかやったことないんだけど、大丈夫かな?」


 やめとけ。たぶん溺れていると勘違いした監視員に、救助されることになる。


 そんなわけでサクラを連れて市民プールへ向かうことにした。うん、プールいいねプール。これなら二人とも暑さで死んじゃうこともないだろう。


 ――こうして、俺とサクラによる、二人っきりのオリンピックが開催した。


 初日はウエイトリフティングに水泳の各種種目、ついでに行き帰りは自転車だったので、各種自転車競技もこなした計算だ。

 初日としてはまずまずじゃないか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る