Sランクパーティーに捨てられたポーターは実は最強の空間魔法使いだった。~虐げられた世界に復讐して『ざまぁ』するんだぁ!~

作者 ボルトコボルト

5,511

2,165人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

この手のざまぁ話によくあるけど、一人が抜けただけでここまでボロボロになるパーティがSランクって言われてもねぇ。しかも、ろくに指示や注意も聞いてなかったんでしょ。
主人公の不遇さを際立たせたいにしても、ちょっと無理がある。それでも、ここまで評価されてるってことは、好きな人は好きなんでしょうね。

Good!

50話くらいまでは面白かったしフォローしていた作品でした(T-T)
だんだんクズと腐女子ばっかり。マトモな人誰?
ざまぁ展開しかないというかざまぁまでもしない中途半端
何度も何度も同じキャラ出しすぎでは?
主人公もだんだんすさんでいってるしさっさと違う国にいくべきだったかと
戦い方も脳を収納って・・・カッコよくもなく派手でもなく
アスカのところが分岐点でしたね

★★★ Excellent!!!

優れた物語、非常によく構築された主人公、私が少し遅く感じるのは彼と女性との関係です私が1つ以上のガールフレンドを持っているこの分野でもう少し紹介したいです。彼の古いパーティーからの女の子に再び会って、罪の虐待の地獄を経験し、彼らを救った後に奴隷になることが彼にとって良いことかどうかはわかりません。私の提案を気に入っていただければ幸いですが、ストーリーはあなた次第であり、あなたはそれを使ってやりたいことを行うことができます。

Good!

考えてはいけません
ふんいき()を愉しむ物語? ものがたりです。

個人的に
主人公の有能設定を大切にするためにもう少し迂闊な行動をさせない
無能の筈の勇者パーティーが結局主人公にしか止められなかった理由を詰める
いつの間にか死んでたアスカを無かったことにする
風の乙女要ります?
アラクネとか第三王子とか使い熟せないキャラを出さない
キャラの名前が分かり難いので村人A等で統一する
ブラックドッグの前の飼い主がSランクなのに落とし穴からテイムモンスターごと落ちただけで死ぬという無能っぷりの理由付け
辺りをキチンとすればもっと面白くなると思います

これからも毎日楽しみにしています

Good!

アスカは国の最高戦力で、他に行かれるくらいなら殺してしまうとベーマタは主人公に依頼をした
主人公はアスカより強いけど自由に国を出れるんですね
ベーマタがそこに思い当たらない能無しなだけか、チートすぎて手をだせないのか

世界に復讐するってサブタイ通りに、主人公がだんだんやりたい放題になってる方向性があって魔王とか世紀末覇王とかになりそうな未来

Good!

記憶を取り戻した、とことん殺人を避ける。3度、命を狙われ(自分と知人)やっと決心する→だったのに証拠もない剣聖をあっさり殺す。
また確かに、ギルドマスターなども悪いがわざわざ口に出して批難の嵐。
まさにクレーマー。

父親に見せつけると、一応理由の説明?はあるが金を渡して・・・
そんな、常識がある人間が剣聖殺したり、クレーマーになるか???

Good!

全ての登場人物の頭の中もストーリーも、幼稚すぎてキツイ。
後先とか少しも考えない。悪役だけなら何とか納得もできようものだが、善玉の配役ですら小学生並の思考回路。
そもそもCランクからは査定が厳しいはずの設定なのに、古巣のSランクパーティーメンバーはどう査定されたらあの頭で合格できたのか。

領主騎士団の弱さも疑問しかない。たかが盗賊団一つ、しかも一部だけでほぼ壊滅される騎士団など存在する意味がないし、伯爵家の騎士でこの程度なら、国力そのものに疑問が湧く。よしんば凶悪な盗賊団だった設定だとしても、パーティーの情報収集も担っていた主人公ですら名前も知らないのは不自然でしかない。
もう少し設定煮詰めたほうがいいかと思いました。

★★★ Excellent!!!

タイトルから見て分かる通り成り上がり系です。批判のコメントがちらほら見えますが、自分的にはとても面白い作品ですね。主人公に対して周りが抱いている評価が中々上がらないので、素早い展開が好みの人は、少し読みにくいかもしれないです。ですが、個人的な意見になりますが
メンバーに追い出されてトラップに引っかかった瞬間に前世の記憶を思い出すって言うのは少し話が良さすぎるなぁと思います
話自体は面白いので作者さんにこれからも頑張って貰いたいです

★★★ Excellent!!!

他の方も書かれていますが、軽快なテンポで物語が進みます。コントのような描写も多く悲壮な場面も少なくてストレスなく読み進める事ができます。
主人公も最初はただただ良い子であったのが、少しずつ精神的にもタフにクレバーに成長していく様は、読んでいて痛快でもあります。勧善懲悪な物語はいいですね、特にこんな閉塞感の強い時代には。応援しております。

Good!

基本的に「ありがち」な見捨てられた系のざまぁ小説。

ただ本格的なシリアスにするつもりがないのか、コントのようにテンポ良く追放後の元パーティーメンバーが自爆していく。
しかも戦闘以外のあらゆる面で主人公に依存していたことに、周囲も本人たちも一切気付いておらず、わかりやすく自爆して転げ落ちる。

このテンポの良さ、そして登場人物の考えの無さがテンポの良さを生んでいるところがある反面、軽薄というか、軽さが人によってはどうなのか、がネック。

ただドロドロしたダークな雰囲気もほとんどなく、また上記の軽さとテンポの良さで気軽に読める「ライトざまぁ」とでも言うべきか。
私個人としてはもう少しキャラクターに深みが欲しかったため★2で評させてもらったが、そういう作風と受け入れられれば3でも問題ないレベル。


読めば読むほど描写が減り、都合の良すぎる「転落」と「幸運」が舞い込みすぎて辛くなってきた。
むしろ簡単に事が進みすぎて、主人公の冷遇や周囲からの助けがなかったのも理解できなくなってきた。