辛辣な妹から距離を置きつつ、甘えさせてくれる姉に全力で甘えたらどうなるか検証してみた。

作者 式崎識也

920

337人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

言ってしまえばよくあるヤンデレに囲まれる系のアレで、一度に数種類のヤンデレが味わえるお得セットに間違いはありません。

が! しかし、しかしですよ。これが★800超えで、話毎のいいねが常に100超えているという、高評価の所以がちゃんとあるんですよ。

第一話時点ではあまりヤンデレを感じませんが、第二話からとうとうヤンデレの波動を感じることができます。
さーどんなヤンデレが待ち受けているんだろう。どんなヤンデレが待っているんだろう。
ソワソワしながら次の話へ次の話へ……!

と、ここで妹と姉の会話! 

そうなんです 強いヤンデレとは常に戦略と戦術を立てるのです。そして、標的には決して悟られぬ動きをするのです。
つまりですね、作中初めての明らかなヤンデレムーブメントであり(姉のヤンデレ)が、主人公の前ではなく、この姉と妹との会話で演出されるのです。

これは素晴らしいヤンデレの表現ですよ。何が素晴らしいかって、先述した通り、標的に悟られぬよう秘められた狂愛こそ「ヤンデレ」の真骨頂であります。実に素晴らしい。

対する妹は、姉の戦略により化けの皮が剥がされてしまうわけですが……
この妹の直球的な依存が顕になるシーンも、まさにヤンデレでございます。
先述した強いヤンデレではなく「好き!」「愛してる!」「嫌いにならないで!」という、ヤンデレの愛が、ツンデレの革を被った妹から直球に投げられる描写こそ、他者にひどく依存し嫌われる事を恐れ、そして突拍子も無いことをしでかすヤンデレというキャラクターを堂々と演出しているのです。


つまりですよ。

これは、やばいヤンデレ。