転生時に女神に呪われたが、どう考えてもそれがチートスキルな件について

作者 さっちゃー

3,125

1,165人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 目が覚めたところは、いかにもと言うところだったのだけれど、女神さまが酷過ぎて泣けてきた……。
 まあ、俺がやってしまった事故が、周りに与えた影響の大きさから言えば、宜なるかな……ではあったのだけれど……。
 それで俺は、異世界で罪を償うこととなった…… orz 。

★★ Very Good!!

設定は良くある感じのスキルチート。他の方もレビューで書かれていた現代知識風冗談もテンポ悪くするイメージが……

でもそれ以外では作品のテンポも丁度よく読みやすいと思います。ときどきでてくる風景の描写もイメージがしやすく、いい世界観だと楽しく読ませていただいております。

Good!

序盤は面白いと思って読ませて貰っていました。
しかし、途中主人公がしっかり喋れるようになって以降、無駄に感じられる面白くも無い現代知識風冗談みたいなのを入れ始め、読み側としてのテンポが悪くなってしまった。
同時に集中力も切れるので、そこからは流し読み…もう辞めように至りました。

設定等は良かったと思うので、これだけが残念でなりません。

★★★ Excellent!!!

 前世で不注意から交通事故を起こし、贖罪のために異世界に転生させられた主人公のシンクが、社会や人々のために生きることで前世よりも充実した日々を生きる姿が眩しいです。

 シンクが転生したのは努力次第で誰にでも備わるスキルの力で人々がモンスターの脅威と戦う剣と魔法の世界。ただしシンクだけは罰として善行で貯めたカルマ値を消費したガチャによるランダムでしかスキルが獲得できない呪いがついていた!

 逆を言えば、善行を積んでガチャを回せば際限なく強くなれる。そのために幼い頃から畑仕事を手伝ったり、家畜を世話したり、小さな子どもの面倒をみたりするうちに善行がシンクの習慣になる。当然、周囲からの評価や印象も上がり、それがシンクのやる気や生き甲斐に繋がっていく好循環が読んでいて心地よいです。

 前世の罪を悔やみながらも前向きに贖罪の道を受けいれ、病気の母を癒す霊薬アムリタを探すため、故郷や仲間を助けるため、自分の力を積極的に世の中に活かし、感謝で満たされる生き方に憧れます。

 二度と後悔しないように他人に謙虚に、自分に誠実に生きること。それがより良い人生を生きる秘訣なのかもしれない。


(「ガチャこそ人生」4選/文=愛咲優詩)