用語解説

《か行》

【稀具(きぐ)】

 鏡異人の力(耀稀)によって作り出された道具を指す。

 因みに封神笛もこれにあたる。


【鏡異界(きょういかい)】

 我々が住む世界とは別の世界。ディフェンジャーを召集した人間はここからやって来た。


【鏡異人(きょういじん)】

 鏡異界に住む人間の意。ここでは鏡異界から伝説の剣を探しに来ている人間を指す。


【光石(こうせき)】

 伝説の剣を手に入れる為に必要なアイテム。

 しかしその用途は未だ不明。


《さ行》

【邪願呪(じゃがんじゅ)】

 魔法の様な力。

 邪衆魔達が用いる力の名称。

 この力で人間に取り付き、夢操我として人間を自分達の手足として使っている。


【邪衆魔(じゃしゅうま)】

 鏡異界に侵略して来た人間達を指す。現在は我々の住む世界で、伝説の剣を手に入れようとしている。


【聖神域(せいしんいき)】

 光石が封印されているとされる異空間。

 しかし必ずしもその場所に光石が封印されているとは限らない。


《は行》

【封神笛(ふうじんてき)】

 その昔、将美達の先祖達が鬼を封じたとされる伝説の笛。現在はディフェンジャーの主な武器。銃器にも刀にもなる変幻自在の武器。

 因みに笛としての機能は皆無。

 また、それぞれが持つ封神笛の色により、通称で呼ばれる事がある。

 以下、その通称。

・黄笛(こうてき)

・赤笛(せってき)

・青笛(しょうてき)

・緑笛(ろくてき)

・桃笛(とうてき)


《ま行》

【夢操我(むそうが)】

 邪衆魔によって操られた状態の人間を指す。


《や行》

【耀稀(ようき)】

 鏡異人が使う特殊な力を指す。邪衆魔の邪願呪と同じ様な力。魔法の様な物。

 また、この力を使って作り出された道具を稀具(きぐ)と言う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます