生配信8 ゲームのお誘い

 昼配信が終わり、タバコを1本吸おうとすると電話がかかってくる。


「マジかよ」


 スマホの画面を見ると『佐々木美玲』の文字が。


 あの人、本気で言ってたの? 


 俺の配信中に遊びに来た彼女。リスナーさんの余計な一言で変な誤解を与え「配信後に説教をする」と言われていた。


 その場限りの一言と思い、あまり気にしていなかったのだが、まさか本当に説教しにくるとは。


 ってか、俺は「巨乳も貧乳も大好き」と宣言したはずなのだが?


 ………切っちゃお。


「………」


 咥えているタバコに火をつけようとする。


 プルプルプル!


 ビック!


 1度切ったはずの佐々木さんからまた電話がかかってきた。


 出る………いや、切っちゃお。


「………『ジュッボ』ふぅー」


 火をつけ一息。


 はあ、うま『ピコン! ピコン!』………今度はメッセージが飛んできた。


 ロック画面のバーナーを長押しし、既読をつけないようにしてメッセージを確認する。


『滝くん? どうして電話に出てくれないの?』

『2度も電話したんですよ? 今度はちゃんと出てくださいね?』


 何、このメッセージ? 今度は、ってことは、


 プルプルプル!


 これに出なくてはいけないのか? んんん、いや、まだ出なくていいでしょ。切っちゃお。


「ふぅー」


 吸っているタバコの灰を灰皿に落とす。すると、また『ピコン』とメッセージが届く。


『3度目ですよ? 既読も付けず、電話にも出ない。いけませんよ』


 ふぅー、何がいけないんでしょうね。吸い終わってから電話するんで、待っててくださいねぇ。


 ピコン、ピコン、ピコン。


 ん、またメッセージ、


『既読つけないで見てるんでしょ?』

『分かってるんですよ、だって』


『今、あなたの部屋の前に居るんですから』


 …………。


 …………え?


 俺は部屋のドアを見る。


 ピコン。


『あーけーてー』


 怖い怖い怖い!


 いないの絶対分かってるけど、怖いよ、文面が。


 プルプルプル。


 ………切っちゃお!


 ピコン、ピコン。


『(`・ω・´)?』

『そろそろ出てもらえますか?』


「あ、はい」


 本日5回目の電話に出る。


 出た途端、配信中の出来事で2時間、電話を切ったことで30分間説教をされた。


 配信後の身体には少し堪えた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 彼女の説教が終わり、世間話に突入。


「今日、この後水上さんとコラボするんですけど」


「ふーん、そうなんだ」


 説教で聞き疲れ、適当な返事をしながら、カタカタと夜配信の準備をする。


 夜配信何しようかな? PUBGかレインボーシックスやろうかな。


「ーーで、ーーするんだけど、ーーーしょにやってくれませんか?」


「ああ、はいはい。了解です」


「本当ですか⁉︎ 良かったです!」


 何が良かったかな。


「じゃあ、早速なんですけどダウンロードしてもらえますか?」


 はいはい、ダウンロー、ド? んんんんんん?


「あ、あの」


「あっ! ダウンロード済みですか? なら、フレンドコード送るので、フレンドになってください」


「あ、まっ」


「やっぱり、こっちからフレンドコード送りますね」


「あ、あの、ちょっと」


 やばい。話ちゃんと聞いていない上に適当に返事したせいで、何かダウンロードする羽目になってる。フレンドコード、ってことは、ゲームかアプリか?


 いやいや、まだ引き返すことができ、


「まさかね、話半分で聞いていた上に生返事していたとかないですよね? ねぇ、滝くん」


 ないですねぇ。引き返すどころか、引き返す道が今断たれましたね。


「も、もちろん、そんなことないですよ」


「ですよね。じゃあ、そんな滝くんのためにもう一度説明しますね」


「………すみません、お願いします」


 佐々木さんの説明はこうだ。


 今日、佐々木さんは聡太さんとコラボするらしい。ゲームは『エーペックス』というFPS。最近、佐々木さんはこの『エーペックス』にハマっていて、1日中プレイしている時もあるそうだ。


 で、この『エーペックス』と言うゲームはランクマッチがあり、3人1組でチームを組むらしい。チームを組むにあたって足りない1人。そこで共通の友達、俺をを召喚すること。


 なるほど、なるほど。ってか、FPS苦手ではなかったですか? 好きになったのかな?


「で、俺は『エーペックス』を入れればいいんですね?」


「はい、お願いします」


 このゲーム『エーペックス』は、いろんな配信者が配信していて、俺も名前ぐらいは聞いたことがある。やりたいかって言われると、FPS作品沢山やってるので手が回りませんと答える。


 だが、今回は佐々木さんと聡太さんのお誘い。俺よりも人気である配信者に誘われて断るなんてことは出来ない。だって、リスナー増やすチャンスだもん!


 俺はすぐに『エーペックス』をダウンロードする。


「配信って何時から始めるんですか?」


 ダウンロードには少し時間かかる。


「今、17時だから、あと3時間後。20時にコラボ配信する予定。でも、先にちょっと『エーペックス』配信してようかなって思ってるから、私は19時に配信する予定」


「ああ、了解です。20時にコラボ配信。19時に佐々木さんが配信」


「そうそう、19時から来てくれますか?」


 19時からか。うんん、夜配信の準備に飯食って、風呂入ってやることやって。


「19時ぴったは無理ですね。早く行けたら行きます」


「分かりました。早く来てくださいね」


「はーい」


 お互いやる事があるので、ここら辺で通話を終わりにする。


 急にやることになった『エーペックス』に、全くした事がない人の配信の参加。


 ちょっと楽しみになってきた。


 俺は椅子から立ち上がり、家事をする。


「早めにやって早めに合流するかな」


 俺はまずご飯を作りに、キッチンに向かうのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます