第18話ジャックの帰還

時刻は夕方、夕日が照らしている細長い雲は茜色に染まり、空は少し紫がかっている。



そんな時間帯にアルバートを含めた侯爵家一同は家の主であるジャックの帰りを待っていた。


既に屋敷には、戦闘に参加していた兵士が伝令として戦いが終わったと告げにきていた。


それを聞いた侯爵家一同は家の主であるジャックの帰りを静かに待っていた。


全員、ジャックの無事を願っているのだろう。



もちろん俺も含めて。今の家族はとても仲の良い家族だ。前世の家族も仲が良かったが、官僚になった後は仕事三昧。ろくに連絡を取れやしなかった。


今頃何してんのかな?俺が死んじゃって悲しんでくれただろうか?ごめんね、親不孝者で。



そんなことを考えていて、少し顔色が暗かったのか、母であるスーザンが俺の顔を見て口を開いた。



「大丈夫よ、アル。ジャックは元気に帰ってくるわ。だからそんな顔をせず堂々としていなさい。ジャックを勇気づけたのはあなたでしょう?」


そうだ、俺は今、こんなにも温かい家族に愛されてるんだ。今を精一杯生きてこそ、恩返しなのかもしれないな。


どんな物事でも、失敗したらそこで終わりじゃなくて、そこから何を見つけ出し、次に繋げるのか。


俺は、父さんとの約束を破って戦場に行った。でも父さんは俺にもう一度チャンスを与えてくれた。


だから俺は精一杯父さんの帰りを喜びたい。


「そうですね、母上」


「ええ、ジャックの帰りを喜びましょうね」


「はい!母上」






そうして数分後、門扉がゆっくりと開いたその先に、白馬に乗ったジャックの姿が見えた。




ゆっくりと白馬から下りて、俺たちの方に向かってくる。



「ただいま、みんな。心配かけてすまなかったな」


すると、耐えきれなくなったのか、マークとジェシカが父さんに泣きながら抱きついた。


「ち、父上~~~っ!!」


「おとうぢゃま~~!!」


するとそんな行動が場を和ませ、ジャックとスーザンはお互い笑い合う。


「ふふふっ。あなた、お帰りなさい。子供たちに好かれる事はいい事よ?」


「はははっ!そうだな。ただいま、スーザン!」


「ジャック」


「スーザン」



俺は両親のこれ以上のイチャイチャを見ていられなくなり、わざとらしく声を出した。



「ごっほーん、ごっほーん、お帰りなさい、父上」



それを聞いたジャックとスーザンは互いに目を逸らし、しかし頬は少し紅い。


まあ、夫婦円満はいい事だろう。



「あ、ああ、ただいま、アル。お前には感謝しても仕切れないくらいだ。本当にありがとうな」



まだ、家族に言ってないのに、父さんが言ってしまった。



「あら?アル。あなた何かしたの?」


スーザンは何を言っているのか分からず、俺に尋ねたが、少し戸惑っている俺を見たジャックは話を逸らそうとした。



「ま、まあ、その話は後でだ。暗くなってきたし、屋敷の中に早く入ろう。マーク、ジェシカ、そろそろ離れてくれないか?俺がお漏らししたように見えるじゃないか」


それを聞いた、マークとジェシカは、鼻をすすりながら、離れてジャックの服を見てみると見事に濡れていた。



「はははっ!」


「ふふふっ!」


さっきまで泣いていたのにこの変わり様。子供とはこんな生き物なのか?よく分からん。


そうして、俺たちは屋敷の中に入っていった。












ジャックが屋敷に着いた頃、冒険者ギルドハワード支部ギルドマスター室にて、とある会話がされていた。


執務机の様なものに座っているギルドマスター、ベッケン・ストーンの対面には、このハワード領で有名な冒険者の一人である、Aランク冒険者のジョナサン・ハンスカイがいた。


「臨時クエスト、ご苦労だった」


「ああ、そんな事は気にせんでいい。俺は街を守るために戦ったんだからな」


「少し質問がある。聞いていいか?」


「俺が知ってる事なら答えられるぞ」



ベッケンはうなづいた後、少し間を開けてから口を開いた。


「単刀直入に聞く。なんでこんなに早く終わったんだ?こんなに早く終わる臨時クエストなんて聞いたこともない。街一個なんて簡単に壊滅できる戦力が魔物にはあったはずだ」


「それは、俺たちが弱いって言いたいのか?」


少し声のトーンを低くして言うジョナサン。


「別に、そんな事を言いたいんじゃない。お前らは強い。だが魔物達も強い。負傷者がかなりいたと聞く。そんな戦いなのにこんなに早く終わったのは何故なんだ?」




それを聞いてジョナサンは思い返した。




小さな子供と女の子が力を合わせてとんでもない数の水球を操り、魔物を倒した事を。



ジョナサンはその光景に驚き、こう言った。


「英雄だ」と。



後からその光景が現実ではありえない事だと思い、動揺した。


近くにいた兵士はあの小さな子供は侯爵様の御子息のアルバート様だと言う。



そんな光景を思い返した後、ジョナサンはストーンにこう答えた。



「英雄だ。小さな英雄が現れたんだ」


そんな事を言い始めてストーンは頭がおかしくなったのかと思い、鼻であしらう。


「はっ!何を言ってるんだ?」


「だから、英雄が現れたんだよ」




ストーンとジョナサンは昔から知り合いでお互いのことを知っている。ストーンはジョナサンが冗談をいう男じゃないと知っている。



少し、真剣に話を聞いてみることにした。



「小さな英雄って誰のことだ?」


すこし言うのを迷ったが言ってみることにした。


「ハワード侯爵家の四男アルバート様だ。5歳らしい」


「は?5歳が?魔物を倒したと言うのか?」


「本当だ。俺はこの目で見た。アルバート様はとんでもない存在感の精霊と恐らく契約している」


ストーンはジョナサンが何を言っているのか分からなかった。


「もう、訳がわからん。5歳だぞ?そんな事ありえるのか?」


「俺が嘘をついて何の得になる?俺は目の前で見た。だからありえるんだよ」


「まあ、それが本当だとして、侯爵様の四男アルバート様、か。四男だったら家は継がないだろう。冒険者になってくれればいいんだがな…。この件は王都のギルド本部に連絡しておこう」


「そうか、勝手にしてくれ、じゃあな」



そう言ってジョナサンはギルドマスター室を後にした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます