第2話 感じろ、彼女のメッセージ

 廊下で女子たちがたむろしている。

 その真ん中にいるのは、米倉舞香だ。


 屋上でのことが、つい昨日あったばかりなので意識してしまう。

 女子たちの背中越しに、彼女をちらっと見たらバッチリ目が合った。

 舞香も俺に気づいていたらしい。


 彼女の口が、むにゅむにゅ動く。

 えっ、なんて?


「────!」


 なんかウィンクしてくる。

 うわ、ウィンクうめえ!!

 ドキッとする!


「米倉さん、どうしたの?」


「何かいるの?」


「ごめんなさい、気にしないで。ちょっと目にゴミが入っただけなの」


 訝しげな女子たちを、舞香は上品な物言いで誤魔化した。

 そして、


「あぁ、今日は帰りに、踊り場でぼーっとしたい気分だわ」


 なんてわざとらしく呟くのだ。

 察しが悪い俺でもさすがに分かったぞ。

 つまり、放課後の踊り場でオタトークがしたいと、そういうことなんだな舞香……!


 俺が頷くと、彼女は実にいい笑顔を見せるのだった。



 一日、米倉舞香を観察してみる。

 彼女はいつも、人の輪の中心にいる。


 見た目もいいし、頭もいいし、運動神経もいいし、ついでに性格もいい。

 小さい頃から周りから大事にされてきたらしくて、当たり前のように人に親切を返す。

 だから、みんなが舞香の周りに集まってくる。


 そんな彼女だから、昨日までは俺にとって高嶺の花だった。

 決して手が届かない相手だから、外からぼーっと眺めてきたんだ。


 だけど……。


「あの屋上で見た顔、初めてだったな。あんなにいい笑顔、普段はしてないもんな」


 舞香は上品に笑っている。

 人に合わせてわざと笑っているという風じゃなくて、ちゃんと楽しんでいる笑いだ。


 だけど、そこには昨日感じた、あの熱はない。

 普通に楽しんではいるが……すごく楽しんで・・・・・・・は、いない。


「何かに熱中して、オタクになるまでハマって、それの楽しさと普通の楽しさって違うよな」


 ふとそう思った。

 クラスのみんなは舞香を大切にするけれど、その中で舞香は、あの屋上の舞香を出すことができないでいるように見えた。


 まさか、あの米倉舞香が特撮オタクだなんて。

 イメージが崩れちゃうもんなあ……。


 その日も、彼女を見ていると何度も目が合った。

 偶然かと思ったけれど、人の輪の中にいる間も、彼女が俺を探しているのが分かった。


 俺を見て、口元をむにゅむにゅさせる。

 何か言いたくて仕方ないのだ。

 舞香の中で、米食戦隊ライスジャーについてのオタトークが渦巻いている……!


 放課後近く。

 俺には見ていて分かった。

 舞香が手が、靴が、むずむずと動いている。


 暴発寸前だ……!


 見ている俺がハラハラする。

 大丈夫か舞香。

 放課後まで持つのか……!?


 そうしたら、潤んだ目でちらりとこっちを見るものだから、胸がドキッとするじゃないか。

 そういう、男を勘違いさせる仕草はやめろー。


 終業のショートホームルームが終わる。

 先生が解散を告げると、皆がわいわいと立ち上がっていく。


 今日の学校は終わり。

 あるいは、部活の始まり。


「米倉さん、校門まで一緒に帰りましょう?」


「今日も運転手さんがお迎えに来てるんでしょ?」


 舞香の取り巻きの女子たちが、声を掛けてくる。

 いつもなら、彼女たちの求めに応じて一緒に帰途につく舞香だ。


 彼女は社長令嬢だけあって、毎朝毎夕、送り迎えはリムジンだ。

 華道部に入っていて、その活動日だけは迎えが遅くなる。

 今日は部活が無い日。


「行きましょう、舞香さん」


 取り巻きの少女が、舞香を促した。

 だが、今日の舞香はいつもとは違う。


「ごめんなさい、麦野さん、豆柴さん、玉田さん。私、今日はやらなくてはいけないことがあるの」


 きっぱりと、女子たちにそう告げる舞香。

 カバンを手にして、教室から飛び出す。


「ごきげんよう! 明日はご一緒しましょう!」


「え、ええ」


「米倉さん、なんだか今日は変じゃなかった?」


「うん。なんかずーっと、心ここにあらずって感じで……」


「……もしかして、好きな人ができたとか?」


「ええーっ!?」


「でもでも、ありうる……。だって、絶対米倉さん変だったもん」


 きゃーっと盛り上がる女子たち。


 違うぞ。

 舞香はオタトークがしたいだけなのだぞ。

 俺は知っている。


 だから、俺は努めて冷静に、深呼吸をした後でカバンを持って立ち上がるのだ。

 よし、俺は冷静だ。クールだ。

 米倉舞香に他意はない。

 俺に好意があるとか、そんなことは全然ない。


 俺は今から、同士とオタトークをしに行くのだ。


「じゃあな、稲垣!」


「おう!」


 悪友どもに手を振り、俺も帰途につく────振りをする。

 一旦階段を下って、外に出る。

 そして外階段を使って三階まで上がり、屋上に続く踊り場にやって来た。


 遠回りして、さすがに息が切れる。


 踊り場には、屋上の扉から透過した陽の光が差し込んでいた。

 夕方に近い、午後の光だ。


 そこに、彼女がいた。


「稲垣くん」


 頬を上気させ、米倉舞香が微笑む。


「ごめん、待たせた」


「ううん、私もいま来たところ」


 まるでデートのような言葉のやりとりだ。

 例えそうだとしても、男女の役割が逆では?


「じゃあ、稲垣くん……」


「ああ」


 階段に腰掛ける舞香。

 俺も後から、隣に座った。


「──昨日の話の続きをしましょう……!! あのね、私ね、ハクマイジャーが好きって言ったけど、つまりそれはセキハンジャーが女子戦士なんだけど、ハクマイジャーがレッドじゃないのにリーダーじゃない? ホワイトがリーダーで、そこが挑戦的なのがすごくよくて……!」


 怒涛のような特撮トークが襲いかかってくる……!


「落ち着こう、米倉さん」


「お、お、おち、おち、おちついてる、私、おち」


「過呼吸起こしかけてるから……! ほら、深呼吸して。右腕を掲げて、左手で手首を握って……立ち上がって……」


 二人並んで立ち上がり、腰を捻ってから右腕を高らかに頭上へ!


「クックオーバー!」


 俺と彼女の声が重なった。

 おおっ、様になってるじゃないか。

 家で一人でコツコツと練習してきた甲斐があったぜ。


「ああ……気持ちいい……」


 舞香が恍惚となった。


「うちで、一人で練習してきて良かった……」


 舞香、お前は俺か。


「ありがとう、稲垣くん。落ち着いた。あのね、私、話したいことがたくさんあるの。でも迎えが来てるから時間はあまりないわ。だから、十分だけ。あなたの時間を私にください」


「ああ、もちろん」


 俺が頷くと、舞香はとびきりの笑顔になった。

 こんな笑顔、クラスの誰も見たことないに違いない。

 彼女が今、俺だけに見せる最高の笑顔だ。


「あのね、私ね……」


 彼女は話し始めた。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る