異世界に転生したらオークの花嫁になってしまいました

作者 宮ヶ谷

268

98人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 それだけでもあるが、それだけでもない。

 語彙足りなくてもどかしいけど、世界設定もキャラも人物関係も本当に丁寧に作り込まれていて、それらを表す描写もシリアスからコミカルな部分までまた丁寧でレベルが高い!
 昨今多い、目に見える各種パラメータが跳ね上がっていき、勢い任せ過ぎて主人公が謎の判断を下したり、それの帳尻を合わせる為としか思えないような無理矢理感ある展開もありません。
 読み進める程に作者はどこまで考えてあるのかと、きっと驚けますよ。
 精緻に作り込まれた世界とキャラ達が動き・出会い・絡み合って紡ぎ出されるこの物語、是非もっと多くの方々に読んでいただきたい。

★★★ Excellent!!!

というイメージが多い中この作品のオークは戦闘民族でしかもだんだんカッコよく見えてきます。
異世界に転生したミエはオークに攫われてしまう...
のだが転生時のボーナスで得た応援スキルで頑張ります!
オークの花嫁=オークに攫われて子を産むためだけに抱かれる存在
なのに彼女は花嫁と聞いて思い当たったのはプロポーズ。
攫われたはずが旦那様として扱ううちに彼女の応援スキルはますます活躍して...

勘違いから始まる異世界内政恋愛譚。
くっ殺なんてもう古い!
有能な者は...くっ!生かせ!