矮翼のセラフィム

中川鈴野

第1話 運命の出会い(プロローグ)

「これは……敵だ……。祖国の民を何万と殺した、最も憎むべき、敵……」


 一人の美しい少女を抱きかかえ、エスペルは自分に言い聞かせるようにつぶやいた。


 少女の背中には、おとぎ話の妖精のような、二枚の透き通る羽が生えていた。


 他のセラフィムたちに比べると、あまりに小さ過ぎる羽だった。

 いや羽が大きかろうと小さかろうと、彼女もまた、あの忌まわしき種族「セラフィム」であることには変わりない。


 すなわち人類の敵である。


 セラフィムを殺しに出かけたはずのエスペルは今、瀕死のセラフィムを腕に抱いていた。


 少女の長い髪がエスペルの腕にやわらかく絡む。華奢な体のあまりの軽さ。

 伝わってくる、とくとくという胸の鼓動。


 エスペルは唇をかみしめた。


「っ……!」


 気づけば、駆け出していた。

 少女を背負って。


 足にまとわりつく原野の草を踏みしだき、一心に走った。 


 エスペルはとまどった。

 自分のうちに沸きあがる感情に、ひどくとまどっていた。

 そして自問する。

 何故自分はこれほど必死に、走っているのだろうと。

 何故助けたいと思うのかと。


 セラフィムは、敵だ。



 ——月並みな表現ではあるが、この出会いは<運命の出会い>だった。

 エスペルにとって、と言うよりは、人類にとって。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る