突然部屋にガチャポンマシンが出現して、しかもめちゃくちゃ邪魔なんだが?

作者 内藤悠月

235

83人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ガチャは、子供の頃、なけなしのお小遣いでお店まで胸をドキドキしながらガチャを回したものです。大人になりある程度、お金を自由に使うことが出来てから、ガチャを引くのに子供の頃のようにドキドキしなく なったことをこの作品を読んでいて感じました。。主人公のある意味大人になってしまった冷めた視点とお兄さんの子供心を忘れない視点の比較がこの作品の肝だと思います。

★★★ Excellent!!!

ある日部屋に突然出現したガチャの異常さを淡々と語る話。
あと兄が異常な話。
一話が非常に読みやすい長さ。
また出てくるアイテムも絶妙に要らないアイテムばかりで突っ込みどころが満載。
そしてそれを活かす兄がまた面白い。
もっと読みたい作品です。