くたばれ、青春

作者 夜ふけの画廊

25

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

くたばれ、青春か。なるほど、と思いました。
切ない別れ、好きな相手の恋を見守るのパターンが恋愛成就より多いと言うのもあります。わたしはハッピーエンド派なのもありますが。

登場人物の心理描写が秀逸で、美しい。
タバコ好きなのかな、とも思いました。

短い中にもストーリーの流れがあり、わたしの好みです。

★★★ Excellent!!!

青き日々、涙を拭いた過去。
青春と呼ばれる日がかつてはあっただろう。
大人になった自分がこの物語を見たとき「懐かしさ」と共にもう大人になったんだなと改めて感じた物語でした。

読者がもし青さを感じている日々なのであれば今、この瞬間を大切にしてほしい。
甘く、痛く、切なく、恋しい。
そんな日々は、いつでもやってくるとは限らない。
揺蕩う青春は煙草の煙と共に消える。
それが、伝えられない想いだったとしても、それはそれでありなのかもしれない。
一話一話が短編になっていて、とても心情描写に力が入っていると感じました!
青春の一ページを一緒に共有しませんか?