快楽の虫

あきたけ

快楽の虫

第1話 はじまり



「…………私、虫を飼っているの」


 少女は微笑みながらそう言った。

 少し薄暗い公園の中だった。


 辺りは、もう日が沈みかけていて、少女の顔が白く微かに、儚げに感じた。


「……虫?」

 と、少年は聞き返す。


「ええ。少し変わった色をした綺麗な虫なの、私、その虫の名前は知らないけど」



 少女の声は、少年にとって癒しの声だった。まるで透き通るような、少し儚い綺麗な声色。その雰囲気に、彼は惹かれた。


 公園の中は静かで、優しい春の日差しを浴びた広葉樹たちが、ユラユラと動いている。



「飼っているのに名前、知らないんだ」

「詳しく無いから」


 詳しくないから、と彼女は言う。



「ある日、私の家にやって来たの。かなり大きい虫で……小さい、ピンク色の足が五本づつ、両方に着いてて、合計十本。顔は、黄色いキバみたいなのが、くっついているんだ。目は青く光っている」


「不思議なかたちをしているんだね」

 と少年は言う。



 実を言うと、少年はその虫の姿を想像する事はできなかった。


 ただ、少女の話しに耳を傾けていたいだけだった。



「ねえ、虫の姿……想像できないでしょ」


 少女が、少年の心を見透かしたかのように問いかけた。



「うん。実は、あんまり信じられない」

「じゃあ、私の家においで」






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る