捨てられるもの、捨てられないもの。

作者 水瀬さら