第16話 涙雨

かなしいことがあった日に

誰かが流した涙のおまけよ

本当に

わたし泣いたのよ

かなしくて

かなしくて

わたしの涙はまだ出ます

遠くの砂漠の乾燥地帯に

枯れた誰かさんの畑に

わたしの涙を寄付します

そっと

降らせてほしい

お裾わけできたらいい

あなたの知らないどこかの町で

いつも誰かが泣いてるのよ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます