第13話 時雨

それは突然のこと


息もつけない疾風と

ばたばた肌に打ち付ける


それはあれと似ている

やってきた地下鉄の車両

ジェットコースターの急下降


縮んで硬直する体は

呼吸をとめて

怯んだ私の唇に

口づけをしていってしまった


とくとく私の心を打って

濡れてしまった私の体

足元に水溜まり置いて

去ってった


それは突然のことでした

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます