雨のための詩

作者 小鳥 薊

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第1話 雨のための詩へのコメント

    軽やかなリズムが心地いい、素敵な詩ですね。私も詩を書いていますが、こういう素直な詩はなかなか書けるものではないと感じます。センスと感性の清らかさに触れた心地がしました。

    作者からの返信

    雨伽さん、ステキなコメントをありがとうございます^^
    詩は、私の場合まず感じたことをそのまま言葉にして一度寝かせた後に、何度か声に出して響きや意味による微妙なニュアンスを調整する作業を何回か繰り返します。
    感性の他に、リズムにも触れてコメントいただけたこと、とても嬉しいです。

    2020年2月6日 14:56

  • 第2話 雨だれへのコメント

    雨音の擬音が可愛いです。
    本当に雨音みたいなので、雨の日に読みたい。
    雨が降ったらまた見に来ます。

    作者からの返信

    ありがとうございます^_^

    雨が降ったらぜひまたいらしてください。

    2020年1月22日 12:29

  • すべてのエピソード 2
  • 第1話 雨のための詩 1
  • 第2話 雨だれ 1
  • 第3話 雨模様
  • 第4話 雨あがり
  • 第5話 雨足
  • 第6話 雨夜の品定め
  • 第7話 喜雨
  • 第8話 雨宿り
  • 第9話 狐の嫁入り雨
  • 第10話 霧雨
  • 第11話 小雨
  • 第12話 小糠雨
  • 第13話 時雨
  • 第14話 小夜時雨
  • 第15話 梅雨
  • 第16話 涙雨
  • 第17話 篠突く雨
  • 第18話 驟雨
  • 第19話 秋霖
  • 第20話 氷雨
  • 第21話 遣らずの雨
  • 第22話 夕立