2-3.

「お、お婆さんが並走してますよ!」

「はい!おそらく、その方が最近多発している事故を引き起こしている元凶のはずです!」

 老婆は、見た目はいかにもステロタイプな見た目のかっぽう着のお婆さんといった感じだが、短距離走のトップ選手のような素晴らしい前傾姿勢のフォームで、腕を振り上げ、大きな歩幅で高速道路を疾走している。

 実に見事だ。だからこそ奇妙で、だからこそ場違いなのだが。

「馬鹿な! こっちも八〇キロはでてますよ!」

「はい! 百メートル走の世界記録のトップスピードを時速に換算しても四五キロ程度だそうですから、人間ではないことは確かでしょう!」

 そんなことを言っている間に、老婆はぐんぐんとスピードを上げ、もうずっと前のほうまで行ってしまった。

 前方の車列が少し乱れている。老婆に驚いているのだろうか。このままではいつ事故が起こっても不思議ではないだろう。

「空子さん! どうするんですか!? 逃げられますよ!」

「逃がすわけにはいきませんね。私達はあいつを退治しに来たんですから」

 空子がハンドルを切り、追い越し車線に車が移ると、更にアクセルを踏み込み速度を上げる。

 空いた道は走る老婆もぐんぐんと速度を上げていく。離されんと空子もアクセルを踏みしめる。

「ちょ、ちょっとスピード出し過ぎじゃないですか!?」

 周りの景色がビュンビュンと目まぐるしく過ぎてゆく。スピードメーターを見ればすでに一二〇km/hを優に超えている。

「まだまだ飛ばしますよ!」

「ひえ~」

 空子はさらに速度を上げるが、老婆との距離は一向に縮まらない。

 そんな人と車のカーチェイスを十分ほど続けた頃、駆人は異変に気付いた。

 他の車が全然いない。更にまるで見憶えのない所に来ているのだ。

 道の左右には急斜面と暗く深い木立が迫っている。

 最初に乗ったインターチェンジからどちらへ走ってもこんな木々が生い茂る山の中には入らないはず。なにかがおかしい。

「どうなってるんですか? 近くにこんなところがあるとは思えませんが」

「これは……、奴の領域に誘われたようですね」

「奴の領域?」

「怪奇空間とでも言いましょうか。いわばさっきまでいた神社のようなものです。普通の人には視認できない、魔の領域」

 神妙な顔でそう語る空子の横顔を、駆人は無言で見つめることしかできなかった。

「スピードが我々をここへ誘ったんでしょう」

 まるで訳が分からない。単語も、理屈も、何もかも。

 取り合えず駆人は……。

「そのようですね」

 適当に相槌を打つことにした。


 緩やかなコーナーの続く道が続き、車の速度はますます増す。

 大した説明もなされないままによく分からない場所に連れまわされているが、駆人はあまり恐怖や不安を強くは憶えない。

 昨晩の天子もそうだったが、その妹である空子もまた、言い表せない信頼感、安心感を放っている。化け狐だ、と言われると、本当に得体のしれない力なのかもと疑ってしまうが、それよりもこれは『年の功』? ……。あまり本人達には言わない方がいいだろう。

「駆人君。カーナビを確認してもらっていいですか」

「は、はい!」

 半ば上の空で前方を眺めていた駆人は、急に名前を呼ばれて飛び跳ねる。ダッシュボードにはめ込まれたカーナビを見てみると、現在の位置とまるで違う所を指しているように見える。町の中の道路や建物を無視して走っているように映っている。

「あれ、全然違う所が映ってますね」

「怪奇空間と言うのは間違いなさそうですね。では、画面の『妖』と書いてあるボタンを押してください」

 空子の指示通りにカーナビを操作すると、自身の現在位置が道に沿うように動く地図に切り替わった。周りに他の道はなく、自分達の走る一本の道のみが表示されている。

「あの、この道から出ることってできるんでしょうか」

「逃げ出すことはおそらく無理でしょう。この空間を出るのは奴を退治するしかないはずです。それまではここを走るしかないでしょう」

「ひえ~」

「それより、辺りが暗くなってきました。カーナビを見ながら道を指示してもらえますか?」

 そう言われて気付いた。窓の外が暗くなっている。前方は道の両側の照明と、この車のヘッドライトで何とか照らされているくらいだ。昼過ぎに神社を出て一時間も走っていないはずなのに、夜のような暗さになっている。


「あの老婆のことですが」

 更にしばらく走った後、駆人が口を開く。

「思い出しました。あれは都市伝説です。確か名前は『百キロババア』」

「百キロババア……。既に一五〇キロを超えてますけどね」

 こちらがどれだけ速度を上げても、追いつく気配は一切ない。際限なく加速していく。

「それで、あのお婆さんにはなにか対処法や弱点はあるんですか」

「ないです」

「ない?」

「元々走っている車の近くにただ現れて目撃した人が驚く、と言うだけの話ですから。直接車に何かするというわけでもないので、危険度も低いからですかね。しいて対処法と言えば、驚かないようにする、安全運転を心がけると言ったところでしょうか」

 老婆が猛スピードで走るだけの都市伝説。害がなければ、対処法もない。

「なるほど。ですが、実際にあいつに驚いて事故が起こっている以上、何らかの措置は必要です。とりあえず近づいて力づくでとっ捕まえましょう」

 すっかり真っ暗になった谷の高速道路を、駆人の指示に従い空子が左へ右へと車を走らせる。

「あ、急カーブです!」

「分かりました!」

 空子は駆人の指示に答えると、ハンドルやシフトレバーをせわしなく動かし、タイヤをきしませながらコーナーを突破する。

 前方を見れば、老婆も体を地面をこすりそうになるほどに思いきり傾け、曲がっているのが見える。

 コーナーを抜け、車が体勢を立て直すと、駆人はバックミラーに後ろから迫る物体を見た。何事かと体を捻って後ろを見ると、猛スピードでこちらを猛追する影が。

 その影はこちらとしばらく並走し、さらに速度を上げて追い抜いていった。その姿は……。

「今度はお爺さんですか!?」

 空子が声を荒げた。

 今度は股引に腹巻のステロタイプ老爺がやはり素晴らしいフォームで走り抜けていく。

「あれは『百キロジジイ』! 話によっては登場するのがお婆さんだったりお爺さんだったりするんです!」

「それが乱入してきたという事ですか」

 さらに横の木立からも何かが飛び出してきた。四足歩行でやはりこちらの車と並走した後、追い抜いていく。

 その姿は、獣の体に中年男性の頭を持つ、奇妙なものだった。

「犬の体に人の顔! あれは『人面犬』! 確かにあれにも高速で走行する車の近くに出現する話があった!」

「まるで走る都市伝説の万国博覧会ですね」

「ど、どうするんですか」

「簡単です。目指すゴールはただ一つ。私が一番になればいいんです!」

 空子がアクセルを踏み込むと、車は一気に加速する! 強烈な加速で息が苦しい。

 グイグイと速度をあげ、車は前を走る都市伝説達に追いついた。

 並んで走る一台と、二人と、一匹。ゴールは一つ。栄誉も一つ。

「もはや都市伝説退治も関係ありません。誇りをかけた戦いです」

 空子は真剣な口調で言った。駆人は正直ついていけなかったので。

「そのようですね」

 適当に相槌を打つことにした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます