1-3.

 三度の鬼ごっこ。少年の体力もそろそろきつい。

「少年! さっきの話の続きじゃ」

 走りながら話を続ける気だ。彼女も息が切れ気味だが。

「まだ続けるんですか? もう追いつかれちゃいますよ!」

「だからこそじゃ! あの話には続きがあるじゃろう!」

「続き?」

「そうじゃ! 出会ってしまった時の対処法とか、弱点とか!」

 少年は考えた。そうだ、ああいった噂話には、ただ怖いとか、語り手が死んで終わりとかではなく、実際に現れるので気をつけろ、対処しろ、と言う話がつきものだ。

 つまり彼女はあの化け物、口裂け女の弱点・対処法を教えろと言っているのだ。

 口裂け女の弱点……。

 少年はこういった話に興味がある方ではあるのだが、如何せんその話が流行ったのは昔の話、少年が生まれているかいないかくらい。

 その話も本などに書いてあるのを娯楽として読んだだけ。そんな話を走りながら思い出すのは些か難しい話であった。

 考えている間に、追ってくる口裂け女は距離を詰めてきた。その手の大鎌を二人に向けて振り下ろす。

 その一撃は何とか左右に避けて交わしたが、もう長くはもたない。

「早く、早く思い出すんじゃ!」

「分かってますよ! 分かってますけど……」

 そんなことを言い合っている間に、口裂け女は二撃目を繰り出そうと再び大鎌を持ち上げた。

「くっ……。狐火ーム!」

 彼女は振り向き倒れながら手のひらからの光線を放ち、大鎌に照射した。光線は大鎌を押し返す。さながら光線と大鎌の鍔迫り合いだ。

「長くはもたんぞ! 何とか思い出してくれ!」

 彼女が叫ぶ。光線で抑えられている大鎌の切っ先は、抑えていなければ今にも彼女の胸に突き刺さらん勢い。

 少年は足を止めて、なんとか冷静に努めて考えた。

 確かに口裂け女の話は本で読んだはずだ。対処法についても書いてあった。なにか、そう、確か『合言葉』があったはずだ。それを言えば逃げられるとか、やっつけられる、みたいな話だ。

 問題はその『合言葉』だ。食べ物の名前? 違う。薬の名前? 違う。シャンプー、化粧品……。何か近づいているような気がする。話が古ければ『合言葉』も古いものだったはずだ。

「確か、髪につけるもの……。そうだ。髪につける」

「なんじゃ! リボンとかか!?」

「違います! ヘアワックス……、じゃなくて、いや、それの聞きなれない名前だったような」

 一方、口裂け女の鎌を抑える、彼女が放つ光線は少し勢いが弱くなってきたように見える。

「ぐぐぐ……。そろそろキツイぞ! 何かヒントはないのか!」

 逼迫する彼女の声に、少年は頭をフル回転させる。

「確か、そう、古いものだった。僕は知らなくて、でもおじいちゃんの家で見て、これかってなった記憶が……」

「ヘアワックス、古い……。もしかして『ポマード』か!?」

「そう! 『ポマード』!」

 少年が叫んだ瞬間、口裂け女の体がビクリと跳ねた。それと同時に大鎌にかかる力も弱くなったようだ。

「おお、効いているようじゃ!」

「ぽ、ポマード! ポマード! ポマード!」

 少年が『合言葉』を放つ度に口裂け女の体から力が抜けていく。何度も続けるうちに、ついには手に持った大鎌を取り落とし、恐ろしい口も力なく閉じていく。

「よくやった! 少年よ。後はわしに任せろ!」

 彼女は勢いよく立ち上がると、今度こそという風に姿勢を正し、広げた手のひらを腕を伸ばし奴に突きつけた。

「狐火ーム!!!」

 やはり技の名前を叫びつつ、彼女は手のひらから光線を放った。

 光線が直撃した口裂け女は悲鳴を上げ、少しづつ姿が薄れていく。そして、その体はみるみる内に跡形もなく消え去った。

「き、消えた? やったんですか?」

「そのようじゃ。我々の勝利! 危機は去った、ってところかの」

「助かった……」

 今度こそ安息を手に入れた少年は地面に座り込む。その傍らで彼女は勝利を讃えるようにその肩を叩くのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます