電音の愛し姫

押見五六三

第1話 クリボッチ

 ♪♫♪♪♪♪〜♫♫♪♪♪.〜――



 繁華街を流れるインストゥルメンタル・クリスマスソングに刺激され、僕の心は喪失感にも似た年末独特の切なさに浸透されている。

 いや……この切なさは、今年も一人きりで迎えた聖夜ほんじつのせいなのかも知れない。

 さっきからやたら寒いのも、この土地特有の底冷えの為だけでは無いはずだ。

 

 (ブルゥゥ〜ブルゥゥ〜)


 実写のツーショットアイコンに変わった友人からの知らせが、さっきから5分間隔で僕のポケットを小刻みに揺らす。



{イルミネーション綺麗すぎーーーワロタWWW]


 この前まで〇の中は、自作の萌キャラ画像だったクセに……。


{これ貰ったマフラー!勿論・手・作・り♡俺も彼女にオリジナルソングをプレゼントしたった♡]


 内容はずっと、こんなのばっか。

 はあぁ~あ~あ〜。



 ♪♪〜♫〜

{さっき二人で食べたクリスマスディナーの件なんだけど。メッチャうまだったわー!]



 うざい。



 ♪♪♭〜♪

{ヤッパ、イブ飯は二人で食べるから旨いの

かな?]



 ウザイ。



 ♫♪♫♪〜

{ツナは今日のディナーは誰と何食ったん?まさかお母さんと唐揚げ弁当とか?んなわけないよねー]



 UZAI。

 心底ウザ~いぃぃぃ!

 いちいちSNS変えて送って来んな!!



{ツリーやディナーのピクチャーは楽しんで頂けただろうか?では俺達はこれからイブの夜空を駆け巡るサンタ探しゲームを鴨川のほとりで寄り添いながら行う事にする]


 ハイハイ勝手にどうぞ!

 頼みもしないのに実況報告しやがって。


{あっ!ここからはもう送信しないからね。俺達のラブタイムを邪魔されないよう、電源も切っとくね]


 巫山戯んなっ!!

 さっきから一方的に送信してたくせに!!


 あ~クソッ!


 羨ましい……。


 悔しいけど、マジ羨ましいよッ!!



 僕はスマホをポケットに戻し、歩きながら普段よりも着飾った街並を見廻した。


 辺り一面に飾られたホリデーデコレーション達を、昔なら童心を弾ませ、心から楽しんで観賞したものだが、高校生にも成って彼女がいない現状では、この綺羅きらびやかさはむなしさを増長させるだけで、ツリーやリースなんかは心のHPを削りとっていくアイテムでしかない。


 腕を組むカップルとすれ違う度に「大丈夫です。僕はボッチでも平気なタイプなんですよ。気にせずイチャついて下さい」って、感じの余裕綽々顔をワザワザ作らなければならない。

 いや、向こうは僕なんか全く意識してないんだろうけどね。


 う〜ん……何故にクリスマスは、こうも格差を生んでしまうのだろう。

 不公平だ。

 選挙権を得たら、【クリスマス禁止令】を出してくれる政治団体に一票入れる事にしよう。


 とりあえず今からサッサと家に帰って、ご飯食べて、編集してからお風呂に入って寝る。


「今日は特別な日では無い!ただの普通の日!」


 ――と、自分に言い聞かせて足早に駅に向かった。


 駅に着くと同時に曇っていた夜空から小雨が降り出した。


 神様!どうかこの雨が、雪に変わりませんように……。

 そんなロマンチックなシチュエーション、タクには似合いません。

 僕のハートも凍ってしまいます。


 (ブルゥゥ〜ブルゥゥ〜)


 祈りながら改札口を通る前に、又スマホが揺れた。


「何だよタクの奴!もう送信しないって言ったクセに……」


 思わず文句が口を衝いて出た。

 無視しよう……と、思ったけど、タクの機嫌を損ねる訳にもいかないしな……。


 渋々スマホの画面を覗いた。


 違った。


 アイコンの○の中は【蒿雀アオジミオン】のイラストだった。


 僕は慌ててメッセージを既読する。


{ツナキチ今何してるにょ?◉‿◉]


 奏和かなわちゃんだ。


 僕はすぐに返事を送る。


[ヘッドフォン壊れたので新しいの買いに行ってた}

[無いと夜中に調教出来ないからね}

[今帰るとこ}


{ボッチで?ಠ︵ಠ]


[そうだよ。クリボッチだよ}

[奏和ちゃんは今何してんの?}


{カナワもクリボッチ( ;∀;)]

{一大事!これは一大事だわ\(◎o◎)/]


 誘えばよかった。

 そんな勇気無いけど。


{でも完成したお♡]

{今まで頑張ってたの(*´ω`*)]

{見て見て]


 すぐに動画サイトへといざなうアドレスが受信され、僕は迷わず開けた。


 開くと鮮やかなサンタ衣装を着た【蒿雀ミオン】が画面中央に現れ、それと同時に【ジングルベル】の鈴の音のイントロが流れ出す。

 程なくベタ打ちの【蒿雀ミオン】が歌い出した。


 ♪♫♫♪〜♪♫♫♪〜♪♫♫♪#〜――


 動画を見終わった僕は感想を送る。


[ダメダメ!}

[もっとベロシティやダイナミクスとか、パラメータ使おうよ}

[強弱付けないと、声が生きてこないよ}


{ごめんなさい(´;ω;`)]


[でもイラスト最高!凄く綺麗}

[こんな可愛いミオン見た事ないよ}

[さすが奏和ちゃん}

[癒された。ありがとう}


{ワーイ(≧▽≦)]

{感激!これは感激だわ₍₍ ◝( ゚∀ ゚ )◟ ⁾⁾]



[…………………}


{…………………]


[…………………}


{…………………]


 __________




 クリスマスイブの夜、改札付近の人混みの中で僕は奏和ちゃんと暫くメールでやり取りをしていた。


 寂しさを忘れる楽しい一時だった。


 この時はまだ、まさかあんな悲劇がこれから起こるとは、これっぽっちも――


 いや……果たして、これっぽっちも思って無かったのだろうか?


 あの日……僕達がチャットをしている間にも、は、殺しを行っていた……。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る