かぎろひ

作者 宗像弘之

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 3 かぎろひへのコメント

    瞬きの度に移り行く「かぎろひ」を思い浮かべました!
    大阪の人たちにとっての淀川が「母なる川」であるのだと、しみじみと伝わってきました。^-^

    作者からの返信

    最後までお読みいただき有難うございます。

    大阪に住んでいると、どこへ行っても淀川の流れを感じずにはいられません。
    おっしゃる通り、まさに「母なる川」です。
    つたない文章ですが、私が見て感じた「かぎろひ」の美しさを少しでも伝えられたのなら、本当に嬉しいです。

    2020年1月13日 20:57

  • 2 川辺のヌシへのコメント

    北村さんの中にある歴史の広がりを感じます。
    「かぎろひ」はタイトルですね!^-^

    作者からの返信

    北村さんは、まさに淀川の主(ヌシ)と呼ぶにふさわしい方でした。
    「かぎろひ」は、私の人生観を変えてくれたものです。本当に美しい自然からの贈り物です。

    2020年1月13日 20:47

  • 1 淀川を歩くへのコメント

    第二の人生が、ふとした気づきからはじまった……そんな感じが伝わってきました。
    今までの生活では見えなかった部分を拾って行く楽しみを感じます。^-^

    作者からの返信

    感想いただき有難うございます。
    私達の年代は仕事人間ですから、淀川の散歩を妻が提案してくれたことを今も有難く思っています。

    2020年1月13日 20:40

  • 3 かぎろひへのコメント

    風梨さんからご紹介を受けて読みにきました!
    https://kakuyomu.jp/users/kazanasi-rin/works

    淀川と言う京都では主要な川を題材とした雅な作品だと思いました。かぎろひと言う空を焦がす景色、1回見てみたいなぁと思いました。いい歌ができそうですね。笑

    作者からの返信

    鷹仁様

    ご丁寧なコメントを有難うございます。
    私が若い頃にはネットに投稿するなどという方法がなく、原稿用紙にコツコツ書いたものを出版社に送るだけで、このような感想をいだたけるとは、まさに夢のような出来事です。

    かぎろひは、1年のほんの数日、天気の運もあって、なかなか見ることが難しい現象ですが、見る前と見た後とでは、人生観が変わったような気が致します。


    2020年1月13日 00:53