第6話 オデッセイコロシアムの戦い

「どうなっちゃうんだろう、私」と今日子は言った。

 「まずは、武術を鍛えることさ」たけしが言った。

 スコープオンの話では、タイムクラスターは、いつでも使えるわけでなく、相手の体力を奪ってから、初めて発揮される。


 「兄さんに会わせてよ?」と今日子が頼んだが、スコープオンが断った。

 「なぜ、会えないの?」

 「お前の兄は、ダークマターの捕虜となっている。」そして、続けて

 「敵の本拠地に、入り込むには、まだ、早い」スコープオンが答えた。


 沈黙が、少し流れた。

 「もうこれ以上、戦いたくない。いやなの。怖いの、死にたくないの。」

 「だったら、今のうちに、バーチャル世界へ帰ることだ。」スコープオンは冷静に答えた。

 「家に帰りたい」今日子は小さな声で言った。


 「しかし、お前は、タイムクラスターの力に目覚めてしまった。」スコープオンがそう言って首を振った。


 「リアル世界でも、戦いは、続く。覚悟を決めろ。今日子」

 スコープオンの言葉に、今日子は震えた。


 「これから、訓練施設に行く。タイムクラスターの練習だ。今は、モンスターでも、もともとは、生き物だった。救えるのは、お前しか、いない。」

 「タゲットは、倒せるの?」今日子は、尋ねた。

 「やってみれば、わかる。」スコープオンが、元気付けるように言った。


 「言ってるうちに、タゲットが、3体きたぞ!」たけしは言った。

 「うそ?」今日子はのけぞった。

 「訓練では、なくなった。オデッセイコロシアムで闘う。」スコープオンが時間稼ぎに、目くらましの砂ぼこりを、起こした。


 オデッセイコロシアム。観戦者がいて、昔は、闘技場として栄えた。

 「まるで、見せ物小屋」今日子は言いつつも、臨戦態勢に、ついた。

 

 「お嬢ちゃん、遊びも終わりだ。タイムクラスターなんて、まぐれだ。」

 「後悔させてやる。」と今日子は自分を奮い立たせた。


 「でも、三匹は、こちらが不利だわ」と思った。

 「スコープオン、援護して」

 「まかせろ。」

 3匹が三角陣形で迫ってきた。


 「竜巻よ、行けー」

 左右のタゲットに、竜巻がぶつかった。


 「この、小娘」

 「ここよ」いつのまにか、タゲットの背後をとった。3つの頭を切り取った。

 ドスン。前向きにタゲットは、倒れた。

 今日子は、剣先をタゲットに向けた。

 

 すると、タゲットの形が消えて、馬が出てきた。

 「やった」今日子は、そう言って馬に乗った。


 「兄貴格を、倒したな、小娘 

 「タゲット、有利は、こちらに変わったわ。」


 「おい、行くぞ!」前後からタゲットが2体攻めてきた。

 馬は、勢い良く、タゲットをジャンプして超えた。


 「伸びろ、剣」剣はタゲット2体を串刺しにした。

 「これを使え!」スコープオンが、自分の剣を投げた。


 二体のタゲットを、まとめてその頭を切り取った。

 剣先を二体に向けた。1匹は猫に変わった。しかし、もう一体が、復活しようともがいている。


 たけしがなっている剣をとり、くっつこうとする頭を再度切った。


 「これで、終わりだと思うなよ!」そう言って、消滅し、犬に変わった。


 今日子は、その場に座り込んだ。

 「タゲットを、やっつけた。」満面の笑みを浮かべた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る