ソードのキング

玉座に座る王を正面から描いている。左手は膝の上に置き、右手で剣を構える。

水色のローブに身を包み、金の王冠を被る。玉座の背もたれには蝶や妖精の画。

背景には青空と雲が広がり、対になった鳥が飛ぶ。


<正位置の意味>

冷静で公平な目を持つ人、強い信念を持つ人、論理的、厳しくて頑固な一面


<逆位置の意味>

冷徹で人の気持ちを考えない、融通が利かない人、問答無用、怒ると手段を選ばない



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



 ソードのスート、最後は俺の書いた小説の主人公である王様だ。


「これが自分勝手で国を奪われて哀れな最期を遂げた王様ね。偉そうに座ってるけど、中身はどうしようもない男」


ののしるのは勘弁してあげて。それはあくまでも小説内の設定で、カードの意味とはまったくことなるから。今だけは切り離して」


 割けるチーズを鞭のようにしならせる姉ちゃんを説得し、カードの説明とキングの威厳回復に努める。


「正位置は冷静で頭が良く、私情を交えずに物事を判断できるクールな大人を暗示。逆位置なら冷酷さに発展し、他人の気持ちを汲まない人物像。感情は二の次で、論理的思考を優先させる性格かな」


 極端な表現になったが、どちらも感情より合理性が前に出るらしい。それが周囲にとって許容できるか否か、そのあたりが上下の差だと思う。


「絵柄の背もたれに描かれている蝶や妖精、後ろの空を飛ぶ鳥もペアになってるでしょ。これが相手の立場も尊重することを表現しているんだって」


「それが偏見を持たない冷静な判断力の象徴なのね」


 片方に重きを置かない。公平な判断こそ論理的ということだろう。

 人間味が薄いと感じるのは俺だけだろうか。



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



 姉ちゃんが並べて置いてあったソードのクイーンに目を移す。


「こっちは鳥が一羽しかいないわ。玉座の蝶も一匹だけ」


「それは相手よりも自分の価値観を優先することを表しているみたい」


「つまり夫より妻の方が強い家庭か。じゃあ財布の紐は女王が握っていて、王様はお小遣い制ね」


 王様が女王からお小遣いもらうってなんだよ……急にこじんまりとしちゃったじゃないか。身近に感じやすくはなったけど。



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



「ソードのスートは悲しくて難しい解釈が多かったわ」


「そのぶん特徴的でもあるけどね。意味を覚えるのはちょっと大変かも」


「最後のスートはシンプルで歓迎できる話がいいわ。話はもう書き終わってるの? ハッピーエンドなの?」


「まだ書いてないし、ネタバレはしないよ。でもリクエストに応えられるよう頑張ります」


 さて、最後のスートはどんな物語にしようか。




※)タロットの絵柄を確認したい方はこちらをご覧くださいませ

↓ブログ「やっぱりたけのこぐらし」小アルカナ:ソードの絵柄紹介↓

https://takenokogurashi.com/tarot-arcana-sword

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます