小説投稿サイトの作品にファンアートを描いたら、学園一の美少女にやたらと相談されるようになった件

ヤマモトタケシ

小説投稿サイトの作品にファンアートを描いたら、学園一の美少女にやたらと相談されるようになった件

第一章 ファンアートを描いたら美少女と仲良くなりました

第1話 学園一の美少女

神代かみしろくん、このプリントを配ってもらえる?」


「ああ、秋月あきづきさん分かった」


 今、俺の目の前にいる秋月友火あきづきともかは、去年入学した時から学園一の美少女として大人気のクラスメイトだ。


「秋月さん、配り終わったよ」


「うん、神代くんありがとう」


 秋月さんはニッコリと微笑む。


 均整の取れたプロポーション、胸はクラスの女子の中でも圧倒的に大きい。少し勝気な眼差し、髪のサイドをハートの可愛い髪留めで縛り、美人でありながら幼さも兼ね備えている。さすが学園一の美少女とよばれるだけあって、その笑顔を向けられるだけでもドキッとしてしまう。


 彼女とは一年近くクラスメイトとして接しているが、交流といえば先ほど交わしたようなホームルームでプリントを配るように頼まれたりと、学級活動での会話以外はした事がない。


 クラスメイトという接点はあっても、ハッキリいって話す事が無いのだ。

 そう……秋月友火とはクラスメイトなのに、アニメの中のヒロインのような、どこか別の物語の中の人間の様に感じる。


 俺はマンガやアニメ、ライトノベルが好きな高校一年生のオタクだ。

 

 それに加えてもう一つ俺には趣味がある。小さい頃から絵を描くのが好きで、中学生のくらいの頃から美少女と呼ばれるキャラクターの絵を好んで描く様になった。


 中学生の頃、美少女キャラのイラストを描いている事がバレて、クラスでオタク認定され、揶揄からかわれた苦い思い出もあり、高校に入学してからはバレない様に学校生活を送っている。


 高校のクラスでは友達はいるし、ボッチでは無いけど存在は薄い。クライスメイトからの俺に対する印象はクラスで影の薄い目立たない男子。

 多分こんな感じだろう。中学の頃に悪い意味で注目されてしまった事から、今の目立たない状況は俺にとっては非常に好ましい事であった。


 そんな目立つのを避けている俺が、注目度ナンバーワンの秋月友火というアイドル的存在と、仲良くなるような事があるとは到底思えなかった。


〜 昼休み 〜


 教室の窓際の自分の席からボーッと窓の外を眺めていると、視線の先には中庭で昼食を食べている女子グループの姿があった。


 ――今日は暖かいとはいえ、よく真冬に外で飯を食おうと思うよな。


 そんな事を考えていると、後ろから一人の男子生徒が声を掛けてきた。


冬人ふゆひと、なにボーッと見てんだ? ああ……ボーッとしてるのはいつもの事か」


 失礼な発言をして覗き込んで来た長髪、痩身のチャラい男子生徒は、クラスの友人の柳楽大介やぎらだいすけだ。一見チャラくて軽薄そうに見えるが、実際にはそんな事もなく友達思いの良いヤツだ。チャラくしているのは、その方がモテそうだから、だそうだ。モテてる様子は無さそうだが。


「あー、なるほど、我らがアイドル秋月が中庭で飯食ってんのか。そりゃ視線は釘付けだよな」


 窓の外、中庭の光景を見て大介は、一人納得したかの様に頷いた。


「いや、寒いのによく外で飯食うなあって思ってただけだよ」


「名前に冬って付いてるのに寒がりな奴だな」


「それって関係無くね? 名前に冬が付くからって寒さに強いわけじゃないからな。それに秋月だけを特定して見てたわ訳もないぞ」


 変な誤解をされるのも嫌なので、秋月の事は否定した。


「まあ、あれだ、秋月を狙ってる男はたくさんいるんだから、見惚れてたからって照れる事はないぞ。うん」


 大介は照れ隠しだと勝手に解釈している。


 本当にそう思っただけなんだけどな。これ以上否定しても、ムキになってると思われるだけで面倒なので、弁明するのは諦めた。


「一年C組あきづきとも、容姿端麗、成績優秀、男子からも女子からも受けが良いときたもんだ。もっと、お近づきになりたいよなぁ」


 俺だって健全な男子高校生、女の子に興味はあるし、彼女だって欲しい。もちろん、とびきりの美少女である秋月友火に興味が無いわけじゃないけど、いちいち気にしないようにしている。

 彼女は別の世界の住人のように感じてしまうのは、自分で壁を作っているからなのだろうか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます