変態吸血鬼にされた俺とロリババアと幼なじみ

作者 深田風介

14

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

えっとですね…。確かに常日頃よりこけばしさんは申し上げております。「みなさんの空想と妄想を待ってます」と。でもね…「性癖」は入ってなかったはずだよ…!?

ここで引用しましょう。

> うめぇぇぇぇええええ! なんという旨さ!
> 芳醇かつフルーティで、舌の動きが止まらねぇぇぇぇええええ!

はい、この時点で通報しました。
もしもしポリスメン?

新たな吸血鬼の解釈に、きっとヴラド公爵も激怒しているはず。吸血鬼は体液を摂取する、なお血液じゃなくてもいい模様。え…?血液じゃないと何があるってのさ! ま、まさか…!

「舌技のエキスパート、ナメニスト」。はい、この時点でこけばしさんは2回目の通報をしました! もしもし右京さん!? 相棒連れて早く来てぇえええええ!

しかもですね。エロでバカなコメディのくせに…たまにいいシーン放り込んでくるんですよ、この作者様! この手管は熟練したラノベ書きのしわざに違いないのです! なんだこれ!? 超面白いよ!