スパイダーキングダム ~女学者と運び屋傭兵のジャングル冒険紀行

作者 ビジョン

18

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

長い間、行方不明になっていた父から、助けを求める手紙を受け取った美貌の生物学者・ティナ。
父を助けるため、助手のライアンとともに、南米のベネズエラへ来たティナは、そこで粗野だが頼りになる傭兵・イサークと出会う。
イサークとぶつかりあいながらも、彼を道案内にジャングルへ分け入ったティナを待つものは――?

ハリウッド映画のような雰囲気の物語です。
美人な学者さんと、何やら過去にワケありっぽい傭兵。最初はぶつかりながらもお互いにお互いが気になってしまう……。と、冒険部分だけではなく、恋愛部分も楽しめる作品です!

物語は、タイトルにもなっている「蜘蛛」がようやく姿を見せたところです。
これから、どう展開していくのか、楽しみでなりません!

★★★ Excellent!!!

若き大学教授ティナのもとに10年前に失踪した父からの手紙が届く。
助手のライアンとともに南米ベネズエラに赴いたティナは、そこでイサークという運び屋と出会う。危険な武装勢力や動物が待ち受ける密林に足を踏み入れた三人の運命やいかに!?
まるで往年のハリウッド映画を見ているようなワクワク感のある冒険活劇小説です。
物語は始まったばかりですが、読みすすめていくうちに「この先どうなっていくんだろう?」という期待感が高まっていきます。
タフで皮肉屋のイサークと、一生懸命なライアンのキャラが対照的で、ヒロイン・ティナを巡る二人のライバル関係にも目が離せない作品です。