朝起きたら

 朝、賑やかな声で目が覚めた。

 冬にしては暖かい太陽の柔らかい光が、カーテンの隙間から差し込んでくる。


 ご近所の大家族が、どこかへお出掛けするようだ。

 大家族は今どき珍しく子供が五人もいる。

 家族総出で車に荷物を積み込んだりしているのか、子どもたちの声がわいわい賑やかだ。


 出発したのか、急に静かになった。


 僕はお腹が減ったので、うどん屋さんのおにぎりか親子丼を食べに行こうか、パン屋さんに塩バタークロワッサンを買いに行こうかと思った。


 決め兼ねたので、散歩しながら決めようと思った。

 とりあえず薄い橙色のブルゾンコートを羽織って、紺のスニーカーを履いてアパートのドアを開けた。


 うあっ!!

 僕はびっくりして心拍数が上がった。


「ちょっと! なにしてんの?」


 ―――カナコ。


 そこにいたのはカナコだ。


 カナコが僕ん家のドアの横にうずくまって座っている。

 膝に顔を埋めていたって、僕には彼女だってすぐに分かってしまった。


「いつからいたんだよ?」


 僕の問いかけにカナコは答えない、顔も上げない。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー