~Midnight Eden~ episode4.【月影】

作者 結恵(yue)@読み専化しております〜🌸

すべてのエピソードへの応援コメント

  • あとがきへのコメント

    モチーフ色が赤と黒って、物語を読みながらひしひしと感じていました。光と闇という表現よりもしっくりくるというか(偉そうでごめんなさい💦)


    舞ちゃんはいじめっ子だけれど被害者でもありますし複雑な立場ですよね。嫌いじゃないけど好きにもなれないかな〜……お兄ちゃんと一緒の時の舞ちゃん、ごく普通の女の子で可愛いなと思うし複雑な気持ちです。


    愁さんと美夜がどうなっていくのか……次章も気になることがいっぱいですね💦

    🌸執筆がんばってください🌸

    作者からの返信

    光と闇だと早河シリーズのイメージがありますね(^^)v

    美夜は赤色が似合うイメージです。明るい朱赤よりは真紅のような深い赤色が美夜のイメージです。
    愁さんの黒色は夜の闇の色🌙✨笑

    舞も伶も、兄妹の仲はとても良くて、いい家族なんですけど親の因縁に巻き込まれてますね。
    伶みたいな料理上手で面倒見の良いお兄ちゃん欲しかったなぁ……。

    お星さまと素敵なレビューもありがとうございます❤️
    最後の物語の執筆も今は終盤戦に入りましたが、ぜんぜん終わらなくて唸ってます(´・c_・`)

    2021年10月7日 11:43

  • 3-5へのコメント

    こ……このような形で愁さんの正体を知ってしまうのですね((( ;゚Д゚)))

    いつかは知る時が来ると覚悟はしていましたが、まさか誕生日を前にして……

    作者からの返信

    とうとうここまで読まれてしまいましたね……!
    そうなんです、まさかの誕生日前に(。>д<)

    しかしこの場面の愁さんが、かっこよくて個人的にとてもお気に入りになってます🙏❤️

    2021年10月6日 21:08

  • 3-4へのコメント

    美夜かっこいい!!
    やっぱり刑事さんはひと味違いますね。

    それにしても大和ってばどこまでも嫌な奴ですね。
    どこに向かったのか気になりますが、けちょんけちょんな状態で見つかればいいのに……とか考えてしまいます(笑)

    作者からの返信

    ここは美夜のかっこよさを前面に出してみました🙏

    現実にも大和のような人がのうのうと生きていたりするんですよね💦

    けちょんけちょん、文字にすると可愛らしいのに……笑

    2021年10月6日 21:06

  • 3-2へのコメント

    これはこれは不穏な空気の流れですね。
    何事もなく任務遂行となるのかドキドキです。

    銃口は誰かにむけられるのか、それとも……

    作者からの返信

    前作の早河シリーズではできなかったことをやってみたくて、刑事ものならではの警護のエピソードを入れてみました(o・・o)/~

    美夜に持たせる銃の種類に悩んだ記憶があります。笑

    2021年10月6日 21:02

  • 2-12へのコメント

    彼は愁さんよりも冷静で冷酷かな?と前のエピソードを読んでいて思ったけれど、そうではなかったですね。凄い凄みですよ愁さん。

    彼が舞の前で見せるお兄さんの顔とのギャップがまた絶妙ですね🌸

    作者からの返信

    愁さんと伶の違いはこなしてきた場数と人生経験の差ですね。
    愁さんの方が経験を積んでる分だけ大人で冷酷かもです💧

    伶は舞の前ではいいお兄ちゃんですよね~この優しいお兄ちゃんのままでいてくれよぉ……と思いつつ、冷酷な裏の顔の時の伶も好きだったりします。

    2021年10月6日 15:47

  • あとがきへのコメント

    真夜中の楽園に堕ちて行きましたね。
    赤い糸という鎖に繋がれて…。

    今回も楽しい時間を過ごせました。
    次作が楽しみです。
    ちょっとボリュームが怖いですけど(笑)

    作者からの返信

    夜の底まで堕ちていきました.。o○
    幸せなのに苦しいラブシーンとなってしまいました。

    ラブストーリーだったらここでめでたしめでたし👏で終われるのに、ミドエンシリーズはまだ終われませんね。

    ボリューム(´・ω・`)笑
    いつも白目になりながら書き終わらない……とツイッターで騒いでいてごめんなさい💦笑

    次作のボリュームは早河シリーズ最終幕(約18万文字)よりは短い……かな?どうかな……辺りをうろうろしてます。ちなみにまだ書き終わりません~🌀

    2021年9月16日 11:29

  • 3-5へのコメント

    誕生日の約束、どこかで愁と出会うんだろうなと思ってましたが、まさかこんなカタチとは……

    作者からの返信

    まさかの誕生日前日に、とうとう!愁の正体を知る時が来てしまいましたね。

    ううっ、美夜ぁ……😭ともなりますし、ああ、愁……😭ともなって、執筆時期は感情が忙しかったです。

    愁さんの抱き寄せ片手撃ちに作者がときめいていたのはナイショです笑

    2021年9月11日 07:44

  • 3-4へのコメント

    美夜が無事で安心しました。
    なぜだろう、大和早く死なないかなって思ってしまった(笑)

    作者からの返信

    美夜は刑事ですからセクハラ大学生の撃退もお手のものです🙏笑

    大和は私が出会ってきたイヤ~な人間の要素を詰め込みまくったキャラでしたが、このバカ息子を書くのはとてつもなく苦痛でした💨

    さて、ここからどうなるでしょうか……。

    2021年9月9日 12:29

  • 1-1へのコメント

    吉川線、あとで調べてみよう。
    ミステリーは日頃知りえないことに出会えて楽しいです。

    プロローグから一転の物語の始まり。今後も楽しみにしています🍀

    作者からの返信

    月野さま💠

    吉川線、ググればすぐに出てくると思います。苦笑

    月野さまが前回のepisode3を読まれたのかわからないのですが、前回の話のネタバレや美夜と愁の関係など、シリーズものゆえの話が進んでいるので大丈夫だろうかと少し心配しております……。

    もし、episode3の物語に心当たりがないようでしたらこちらの話よりも先にepisode3を読まれた方がいいので💦
    どの話を読むかは月野さまにお任せしますが一応、お伝えしておきます🙏

    2021年8月7日 12:36