その日一発の銃声が産声を上げた

作者 レイノール斉藤