婚約破棄するくらいなら婚約しないで!!

RARUTI

第1話 幸せを逃した私

私には霧崎陣という男性とお付き合いしてて、尚且つ、

婚約までしているのです。


婚約までしていたのですけれど、それがどういう事か、

霧崎陣から婚約破棄したいというお話を聞きます。


私からすると婚約破棄するくらいなら婚約しないでと

言いたいです。


とりあえず、どうして婚約破棄したのかを聞かないと

始まりません。


私は霧崎陣に婚約破棄する理由を聞くために陣の自宅へと

向かいますけど、その時に陣と鉢合わせとなって陣の自宅まで

行く必要がなくなりました。


お話は立ち話となりますけれど、それでも私は婚約破棄する理由を

聞かないと気が済みません。


「陣、どうして婚約破棄したいの? 理由を教えて」


「理由はな、伊佐美が俺の言う事を聞かないからだ」


「言う事を聞かないってどうかしているよ」


「俺の事も満足にさせる事も出来ないくせによ」


「ひっどいっ!!」


「ひどくなんてないな」


「陣はね、もう少し女性に対して優しくしなさいよ」


「そんなの出来るかよ」


「もうっ、どうしてそうなのよ」


「どっちにしても婚約破棄するからな」


「嫌々、嫌だよ」


「そんな事を言われても無理だな」


「そんなぁ~」


「きっと伊佐美には俺よりもいい男性が見つかるさ」


「………………」


陣は婚約破棄してきて私の目の前から消えた。


婚約破棄された私はその場から動く事が出来ずにいて頭の中が

真っ白です。


どうしてこんな事になったのかもわかりませんし、婚約破棄してきた

理由も言う事を聞かないというだけで婚約破棄された。


言う事を聞かないと婚約破棄って下らない理由というか、自分勝手

というか、どうしようもない理由なのかなって感じます。


私は婚約破棄する人に言いたい事があります。


婚約破棄するくらいなら婚約しないでと言いたいです。


女性が婚約するという事は幸せを手に入れるチャンスなんだって思うし、

婚約破棄されれば残念な女性になる。


これからの時代は男性が女性を選ぶのではなくて女性が男性を選ぶ時代

かもしれないと感じます。


世の中は職場でも男性が多いですけれど、女性をもっと増やして女性だけの

企業を増やしていくべきです。


恋愛も女性中心にやっていけばきっと世の中の女性は幸せになれるかもしれません。


男性より女性と恋愛した方がいいかもしれないと思います。


女性同士という恋愛もアリかもしれませんね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

婚約破棄するくらいなら婚約しないで!! RARUTI @takutaku2019

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ