悠久の世界は月のために

作者 鳴海