うそつきマカロン 3

 翌日の日曜日、あたしは実家に帰るナナちゃんと、駅に向かって歩いていた。

 ゲンちゃんは朝早くからバイトに出かけてしまって、もういなかった。

「この家出るって言ったって、永遠に会えなくなるわけじゃないんだから。実家のお店はここからたった駅三つだもん。いろちゃん今度、和菓子食べにおいでよ」

「うん」

 そのくらいの距離なら、あたしひとりでも行ける。

 よく晴れた冬空の下、こぢんまりとした駅舎が見えてきた。そばにある大きな桜の木も、なんだか寒くて震えているように見える。

 あたしは息を整えてから、隣を歩くナナちゃんに思い切って言う。

「ねぇ、ナナちゃん……最後にひとつだけ聞いてもいい?」

「うん? なあに?」

 昨日の夜、なんとなく気になりだしたら妄想が止まらなくなって、よく眠れなかった。

「ナナちゃんって、ゲンちゃんのこと……えっと……男として、好きだったの?」

 あたしの声が白い息と一緒に、冷たい空気に溶ける。ナナちゃんは前を向いたままふっと口元だけ笑って、そして答えた。


「悪いけどあたしの理想って、ものすごく高いのよ」

 あたしは首をかしげて、背の高いナナちゃんを見上げる。

「あたしは、イケメンでお金持ちで、才能豊かな男しか好きにならないわ」

「ふうん……」

 つぶやきながら頭の中をフル回転させ、いろんなことを思い出した。

「でも風花はいつもゲンちゃんのこと、カッコいいって言ってるよ。あたしを大学まで行かせるお金だってあるって、ゲンちゃん自分で言ってたし。それに湊斗はゲンちゃんを師匠って呼んで尊敬してる」

「あははっ」

 ナナちゃんが空を見上げて鮮やかに笑った。そして足を止め、同じく立ち止まったあたしをまっすぐ見て言う。

「いろちゃん。もしも……もしもだよ? ゲンちゃんがあたしのタイプだったとしても……あたしは誰かを想ってる人を好きになったりしないのよ」

「えっ、てことは……ゲンちゃんには好きな人がいるってこと?」

「まぁね。女の勘だけど」

 ナナちゃんがいたずらっぽく舌を出し、また歩き出す。あたしはそのあとを追いかけながら考える。

 ちょっと待って。ゲンちゃんに「好きな人」がいるなんて初耳だよ。てか、想像したこともなかった。

 でもゲンちゃんだって、アラサーの男だし。好きな人どころか彼女がいたっておかしくないのに、そんな気配も感じられない。少なくとも、あたしと暮らしている六年間は。

 え、じゃあゲンちゃんは六年間も彼女なしってこと? それってちょっとかわいそうな人じゃない?


「ていうか!」

 あたしが立ち止まって声を上げたから、ナナちゃんが驚いて振り向いた。

「ゲンちゃんもしかして……あたしがいたから彼女作れなかったとか?」

 あたしは金銭面だけじゃなく、恋愛面でもゲンちゃんのお荷物だったとか?

「うーん……」

 ナナちゃんが首をひねって、くすっと笑う。

「それは当たってるけど、当たってないね」

「なにそれ! 意味不明! わかんないんですけど!」

「そのうちわかるよ。いろちゃんが大人になるころ」

 あたしはぶうっとほっぺをふくらませた。ナナちゃんはそれを見て、またくすくす笑う。

 大人って……いったいいつになったらなれるんだろう。

 なにができるようになったら、大人になれるんだろう。

 ホームまで行って、ナナちゃんを見送った。ナナちゃんは最後までにこにこしていた。

 ここから三つ先の駅にある和菓子屋さん。

 あたしひとりでも行けるけど、行くときはゲンちゃんとふたりで行こうって思った。



「今度の日曜日、いろちゃんちに遊びに行ってもいい?」

 ナナちゃんがいなくなって一週間が過ぎた。困った出来事はいっぱいあったけど、なんとかあたしとゲンちゃんのふたりで乗り越えている。

「ねぇ、いろちゃん、聞いてる?」

「え、ああ、聞いてるよ」

 あたしの隣を歩く風花は、チェックのブランド物のマフラーをしていた。誕生日にお父さんが買ってくれたんだそうだ。

「日曜日は……ゲンちゃんいる?」

「さぁ……どうかなぁ」

 風花のゲンちゃん好きはあいかわらずだ。

「わたしお菓子作っていこうかな。ね、ゲンちゃんはどんなお菓子が好き? やっぱり洋菓子系? それとも和菓子系?」

 あたしは空を見上げてから答えた。

「洋菓子が……いいんじゃないかな……」

「洋菓子ね! なに作ろうかなぁ……」

 風花がピンク色のリップをつけた唇に指を当て、考えている。

 スニーカーを履いた足元を、枯葉がかさかさと通り過ぎた。冷たい風が頬に当たり、あたしもマフラーが欲しいなぁって思う。

 ウソをついたあたしの隣で、風花は幸せそうに笑っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます