心の声

作者 ★lakma★

42

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

毎日5時に起きて、6時に駅に向かって9時からの仕事に備える。そんな生活を送っている私だが、休日になると一日中ベッドの中で困って休んだり、小説を書いたりしている。
だが用事がある日はおめかしをして、遠い街へ出かけるために化粧して外へ出る。
はっきり言って化粧が何のために存在するかわからないし、はっきり言ってめんどくさい。それでも社会の常識として成り立っているためにしないといけない。
また、弁当作りのための素材も買ってシャンプーも切れたら買いに行く。正直腹が減っても普段はベッドの上の私だが、物を買いに行く時は楽しくてたまらない。外へ出る自分がいる喜びのあまりにだ。
そんな普段の日常の心を歌ったこの詩、気に入った。
素敵な作品をありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

一つ、一つの詩を読み進めていたら思いました。
一気に読むなんて勿体無い!
ゆっくり大切に読むべきです。
私はそう言える自信があります。
それほど、この作品に積みあげられた詩には、あまりにも純粋で綺麗な心の美しさをありったけ表現されているのだから、読んでいて、自分自身の穢れた心が洗われるような感覚になり、視界が水々しく霞み、歪んでしまいます。
正直、この詩集を読んでなんも感じない人は余程、報われた人生を送ってきたのかもしれませんね。
苦労してきた人ほど、この詩集を読んで欲しいです。